2022年1月24日号

新春から始動、核兵器、改憲NO 核兵器廃絶を求めた行動が各地で日本原水協らと
ともに取り組まれました。その様子を1面、4~5面で
お伝えしております。

4年ぶりの付記が降り始めた1月6日、新宿の東京のうたごえメンバーが集まり、高校生平和ゼミナールらとともに行った署名行動にうたごえを添えました。

残念ながら延期となったNPT再検討会議。1月のニューヨークでの支援行動も中止になりました。
でも再検討会議に呼応した街頭署名行動をしようと、幅広い諸団体との協力関係も作られています。

昨年はコロナ禍のため中止となった恒例の改憲反対の署名行動。2年ぶりに大阪天満宮の参拝客でにぎわう天神橋筋商店街入口で行いました。
素通りして行く人が多い中、対話を持ちかける作戦に。署名には結び付かなかったものの、無関心と思われる人の心のとびらをちょっと開けたような清々しいレポートです。

埼玉のうたごえ協議会はJR浦和駅でしらさぎ会(埼玉原爆被害者協議会)らと駅頭行動を展開しました。
全体で32人の参加者のうち、うたごえからは5団体14人。うたごえがあるといいね、という激励・感謝の言葉も頂戴いたしました。

浦和での3日後、年明け2回目になる所沢行動にも高校生らと取り組みました。

この週末にも各地で署名行動が取り組まれます。
みなさんからの通信をお待ちしております。


米軍由来の感染爆発の沖縄から
オミクロン株のコロナ感染が急激に進んでいます。
10万人当たりの1/13の感染者数は、
沖縄 123.82人
広島   28.75人
大阪   27.74人
山口   16.24人
東京   22.24人
この順位は1/6-1/13の10万人当たりの週間感染者数です。
とにかく沖縄が大変な事になっています。
その原因が米軍基地。
日米地位協定で日本側は米軍に対して水際対策を講じることができずにいます。
そのアメリカでの感染者数は1/12に89万人。日本の67倍です。
TVニュースでアメリカ、フランスの町の様子が写されることがありますが、マスクをしていない人が多いのに驚きます。
そんな習慣がノーチェックで入国しているのですから、成田での検疫って一体何なのでしょう。
8面記事の中で驚くのは、韓国との対比。
どうしてこういう差が出てくるのか、8面でじっくりとお読みください。
やっぱり、日本人の衛生感覚はいいものがあると思います。
先ずは、自由の女神さんにマスクをつけてはいかがでしょうか。

第13回
オーストリアでの福祉事情の続編ですが、あまりのギャップに唖然を通り越しております。
世代間ギャップとでもいうのでしょうか、教授と学生の関係も当事者の理解促進の土壌があるから狭まってゆくのだと思います。
3面でお読みください。
パパ学生とママ学生が大学構内で一緒に子どもの世話をしている。
最近のドラマで、日本では義務ととり、欧米では権利と考える、というストーリーがありました。こういう考え方の違いも日本でも徐々に進化してゆくのでしょう。

歌い納め 2021年から2022年へ

ひろしま祭典で取り組んできた曲を歌い納めに。
うたごえ喫茶の合間の主催者演奏タイムで、1年間歌い込んできた曲を披露するというのは、受けますよね。

青森センター合唱団では、来年は「広島 愛の川」に取り組むそうです。


交野うたう会では団内うたごえ喫茶を企画。新入団員さんの率直な感想が嬉しいです。


アップダウンがやってくる
本紙2019/8/19.26号でご紹介した福岡でのぞうれっしゃで園長さんと軍人役のここの漫才コンビさんを覚えてますか?かなり深い活動をおこなっているというご紹介です。3面。

  • 米軍はフリーパスかよオミクロン
    睦月野一郎
  • 岸田丸核して沈没改憲重く
    彦爺
  • 維新の会自分の寄付し身を肥やす
    寺中信雄

皆さんからの投稿をおまちしております。


JAL争議イブ・アピール
東京・蒲田駅前でJAL争議解決に向けた駅頭行動が行われました。
この争議も12年目に。待ったなしです。


合唱団この灯が「死んだ子を背負って逃げる母親」に出会った経緯と、発表会当日の様子をお伝えしております。
祭典視聴会
東京・港区でYouTubeの視聴会。映像に合わせて「たいせつなこと」の合唱もしました。
視聴期限は2月13日まで延長されました。


全国から91作品の応募があった「選挙に行こう」ムービーコンテスト
本紙でも取り上げた、三多摩青年合唱団の箱崎作次さんの作品が入賞しました。

結団27周年記念
第11回三度目の正直!おじさん達はもう待てない
OH!人生合唱団コンサート
12月11,12日
名古屋市芸術創造センター
前号1面の山本高栄さんに寄稿いただきました。

千葉・わかちばーずのテナー山本益男さんが12月26日に逝去。享年60歳。
同団のかたから追悼文をいただきました。

連載1269回
神社
1/24~1/31
シャンテ
新しい年を迎えて思う
浜島康弘(名古屋青年合唱団)
(29)東京の花売り娘
心はいつも夜明けだ
辻 勲(福井センター合唱団)
物語に誘う歌手・桜ゆみ
JUJUユーミンを歌う
私は福島で生きる
作詞 小野寺芳子・作曲 藤村記一郎
音源視聴はこちらから
広島・堂垣内一惠さん



みなさんのお友達をご紹介ください。



神戸では、読者が増えると記念の花が咲きます


お申し込みは、お近くの合唱団
または
当サイトの購読申し込みページから

新しいチラシも出来上がりました。
うた新拡大にご活用ください。

当サイトの記事・写真・データなどの無断コピー、
ダウンロード、転用は固くお断りいたします。