203号予告(2024年2月発売予定)

平和・いのちと暮らしを歌・音楽で

「核兵器はなくせる」
 禁止条約第2回締約国会議報告
 轟志保子・佐藤俊隆・小久保木綿子
●2024年日本のうたごえ祭典in佐賀成功へ
 佐賀三大訴訟-有明、玄海原発停止、オスプレイ配備計画反対-と歌
●第4回全国創作センター選考会の講評
 講評委員:武義和・渡辺享則 ・鳴海卓・山本惠造
●楽譜紹介
『 ひまわりの街へ 』
(作詞・作曲:鈴木 洋、編曲:外山哲也)
 ウクライナに届けたいと創作されました。
〔 第 4 回全国創作センター推薦曲〕


●宣伝チラシ
 チラシはこちらから
 (表紙デザインは、編集中のもので、実際のものと異なります)

ライン

1冊515円(税込)


202号

日本のうたごえ祭典in北海道を終えて

●企画委員長振り返り
 大堀尚己(祭典企画委員長)
●命を心に届ける文化・歌の力で運動を構築していくために
 組織・うたごえ新聞読者拡大会議 基調報告 田中嘉治(日本のうたごえ全国協議会会長)
●2023合唱発表会演奏批評座談会
 出席:西岡茂樹・中山裕一郎・今正秀・田中嘉治・轟志保子・渡辺享則・服部安宏
●連載 石黒真知子(詩人)
●楽譜紹介
 オラトリオ『鳳の花蔓』より「花は見ていた」
( 作詞:佐々木淑子、作曲:藤村記一郎)
●宣伝チラシ
 チラシはこちらから

ライン

1冊515円(税込)


201号

●うたごえ75周年記念委嘱作品集 「スタートライン」

●対談 作曲家池辺晋一郎氏・田中嘉治全国協議会会長
 [スタートラインJ作曲の背景他
●講演 寮美千子さん(作家、[スタートライン原請 編者)
 開かれた心の扉から生まれる詩
●清末愛砂(室蘭工業大学教授、憲法学)2023日本のうたごえ祭典in北海道 よびかけ人
 国境を超えた連帯で平和的生存権

●寄稿 「関鑑子とその時代一日本近:現代の激流の中で-」
 木下そんき (作曲家)

●連載 石黒真知子(詩人)

●楽譜紹介
 「Sit Down!」
( 田中正浩 作詞・作曲)
●宣伝チラシ
 次号202号の予告入りチラシはこちらから

ライン

1冊515円(税込)


200号

●軍事大国の道を許さず
 列島に平和をうたごえを響かせよう
 うたごえ75周年バネに組織拡大の一大運動を
 2023年日本のうたごえ全国協議会総会特集


●総会記念講演
 川田忠明(原水爆禁止日本協議会全国常任理事・平和委員会常任理事・日本平和学会会員)
 「いまこそ反戦平和のうたごえを-岸田大軍拡の危険とデタラメ-」
●うたごえ創立75周年記念レセプション
 田中嘉治会長のあいさつ。「社会のカナリア」としての運動の決意。そして、沢山ご参加ただいた来賓の方からのご祝辞も全文を掲載します。池辺先生を始め、蒼々たる方々から、うたごえに寄せられた熱い期待。75周年から、次の80周年を展望していく今年。節目の年のスタートに。
●総会の全体討議
 討議のまとめ、全発言

●連載 石黒真知子(詩人)

●楽譜紹介
 「今 この時代に」
( 作詞・作曲:園田鉄美、編曲:池田位文)

ライン

1冊824円(税込)