Hisanaga_logo
こんにちは、うたごえネットワークへようこそ!  
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー








  リンク集登録画面
  トップ記事過去録
 来訪者数('07/02/01〜)
11958950

昨日: 5456
今日: 7989
 うたごえWiki最新データ
 検索

高度な検索
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | バックアップ | ヘルプ ]

Counter: 1976, today: 1, yesterday: 1

 ジョン・レノン&オノ・ヨーコ詞曲
 ビートルズの活動を終えて1971年にイギリスからニューヨークに移住し、80年12月8日の凶弾に倒れるまで(享年40歳)平和を訴え続けたジョン・レノン。本紙爐佞瓩鵑世ぁ蹌隠押殖隠厩罎韮僑糠クリスマスのWar is Over! If you Want it〃キャンペーンに触れているが、この歌はベトナム戦争が激しかった、「イマジン」と同じ頃作られ71年12月シングル発売された。
ジョン・レノン・ミュージアムのホームページにはジョンの「戦争は草の根的に一人ひとりが考え、責任をとらなくては」との解説を紹介。オノ・ヨーコは後年(98)69年のキャンペーンを繰り返し「もし10億の人々が平和を望むなら手に入れることができる。政治家は私達の支持がなければ何もできない。私達こそ力」と改めて主張している。
※うたごえ新聞2006年12月25日号歌の小箱NO.45より

 ジョン・レノン&オノ・ヨーコ作詞作曲
 07年日本のうたごえ祭典in奈良大音楽会(11/24)で全国合同演奏される。副題はwar is over〃。
 ビートルズの活動を終えて1971年に英国からニューヨークに移住したジョン・レノンが80年12月8日の凶弾に倒れるまで(享年40歳)平和運動、左翼運動に関わる中で生まれた歌。スロー・ロック調で恐怖も戦争もない世界をと訴え、同じテーマのレノン曲「イマジン」と共に、世界各地で歌い継がれている。
 東芝EMIでビートルズ担当ディレクターだった石坂敬一は「ロックン・ロールが恋愛とセックスの、あるいは親と学校に対する反抗の、協力者であったのをレノンは鮮やかに変えた」とし、ロックのダイナミズムを失わずに愛と平和を歌ったと指摘している(本紙90年11/26・12/3号)。
※うたごえ新聞2007年7月9日号歌の小箱NO.69より

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ作詞作曲
 Happy Xmas Kyoko,Xmas Julian…。ジョン・レノンがビートルズの活動を終えてイギリスからニューヨークヘ移住した1971年に発表した歌。Kyokoはジョンの妻ヨーコと前夫の娘・京子であり、Julianはジョンの最初の妻シンシアとの子ジュリアン。この歌はその二人へのプレゼントとして作られた。
現・日本レコード協会会長の石坂敬一は東芝EMI在籍当時、ジョン・レノンはロックのダイナミズムを失わずに愛と平和を歌ったと指摘しているが(本紙90年11/26・12/3号)、この歌はその好例。
ジョンは80年12月8日に兇弾に倒れるまで(享年40歳)平和運動、左翼運動に関わり、覇権主義の米国政権に抵抗した。
※うたごえ新聞2009年12月21日号歌の小箱NO.176より


ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

 うたごえカレンダー
前月2017年 10月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
 「掲示板」最近の投稿
 お薦めリンク










携帯版うたごえ掲示板



当サイトのバナーです。
リンクにご利用ください。
 うたごえ紹介曲
明日をこの手に





【作詞】橋本のぶよ
【作曲】橋本のぶよ

つくり変えてゆこう
住みつづけるために
くらしを守る 心通う街を
今 私たちは
声をあわせ呼びかける
※東京を変えよう 
 明日をこの手に
 新しい時代へ 
 さあ歩きだそう

つくり変えてゆこう
命を守るために
働く誇りと 生きる喜びを
今 子どもたちに 
笑顔かがやく未来を
※くりかえし

つくり変えてゆこう
願い叶えるために
あきらめないで
胸をはって歌おう
今 誰にでも 
やさしさあふれる街を
※くりかえし

今 私たちは 
声をあわせ呼びかける
※くりかえし
さあ歩きだそう





歩いて行こう





【作詞】大熊啓
【作曲】大熊啓

歩いて行こう 歩いて行こう
歩いて行こう 一歩ずつ
歩いて行こう 歩いて行こう
前を向いて

急がなくてもいいんだ
焦らなくてもいいんだ
休みながらでいいんだ
自分のペースでいいんだ

今踏み出した あなたの一歩は
確かに未来へ つながってゆく
今踏み出した あなたの一歩で
何かが変わるでしょう