Hisanaga_logo
こんにちは、うたごえネットワークへようこそ!  
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー








  リンク集登録画面
  トップ記事過去録
 来訪者数('07/02/01〜)
10609352

昨日: 19068
今日: 12606
 うたごえWiki最新データ
 検索

高度な検索
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | バックアップ | ヘルプ ]

Counter: 1141, today: 1, yesterday: 0

京都民謡

♪守もいやがる 盆から先にゃ…。辛い子守女にやられた少女の身の上を歌った歌で、フォークグループ"赤い鳥"が1971年にシングル・カットし3年間でミリオンセラー。
 もとは東京芸術座「橋のない川」(65年、住井すゑ原作)音楽担当だった作曲家・尾上和彦が京都の竹田地区で採集した民謡を編曲して使ったもの。かつて竹田の被差別部落にできた合唱団の指導に当たった尾上が合唱団の青年の母親から聴いた歌を採譜していた。
 これが、欧米の歌から出発しながら、日本のうたの再発見の気運が生まれていたフォーク運動と結びついて赤い鳥のヒットとなった。
 被差別部落絡みの歌であったため長い間、オンエアは避けられていたが、"紙ふうせん"(赤い鳥の解散後、メンバーの夫婦で74年結成)を始め、多くの歌手がカヴァーしている。
※うたごえ新聞20112.3.26号 歌の小箱No.278より


ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

 うたごえカレンダー
前月2017年 6月翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<今日>
 「掲示板」最近の投稿
 お薦めリンク










携帯版うたごえ掲示板



当サイトのバナーです。
リンクにご利用ください。
 うたごえ紹介曲
明日をこの手に





【作詞】橋本のぶよ
【作曲】橋本のぶよ

つくり変えてゆこう
住みつづけるために
くらしを守る 心通う街を
今 私たちは
声をあわせ呼びかける
※東京を変えよう 
 明日をこの手に
 新しい時代へ 
 さあ歩きだそう

つくり変えてゆこう
命を守るために
働く誇りと 生きる喜びを
今 子どもたちに 
笑顔かがやく未来を
※くりかえし

つくり変えてゆこう
願い叶えるために
あきらめないで
胸をはって歌おう
今 誰にでも 
やさしさあふれる街を
※くりかえし

今 私たちは 
声をあわせ呼びかける
※くりかえし
さあ歩きだそう





歩いて行こう





【作詞】大熊啓
【作曲】大熊啓

歩いて行こう 歩いて行こう
歩いて行こう 一歩ずつ
歩いて行こう 歩いて行こう
前を向いて

急がなくてもいいんだ
焦らなくてもいいんだ
休みながらでいいんだ
自分のペースでいいんだ

今踏み出した あなたの一歩は
確かに未来へ つながってゆく
今踏み出した あなたの一歩で
何かが変わるでしょう