Hisanaga_logo
こんにちは、うたごえネットワークへようこそ!  
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー








  リンク集登録画面
  トップ記事過去録
 来訪者数('07/02/01〜)
14726796

昨日: 0378
今日: 0280
 うたごえWiki最新データ
 検索

高度な検索
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | バックアップ | ヘルプ ]

Counter: 1553, today: 2, yesterday: 1

にしむらよしあき日本語詞
 Fミグリアツチ作曲
 題は爐匹Δ覆襪わからない″爐覆襪茲Δ砲覆襦蹐箸い辰唇嫐。
 音楽センター発行歌集でにしむらよしあき日本語詞でも知られるが、元は当てもなく故郷を出て行く若者の歌(Jフォンタナ、Cペス作詞)。イタリアのサンレモ音楽祭1971年第2位の曲で、男女4入組リッキ・エ・ポーヴェリ(金持ちと貧乏人)や盲目の歌手ホセ・フェリシアーノの演奏で国際的に広がった。
 日本では岸洋子等がレパートリーにしたが(岩谷時子訳)、日本語詞を書いたにしむら(当時東京フォークソング連絡会議)は「米国の侵略を止めたベトナム戦争の勝利(75年)の浮き立つ気分が残る数年後に『あの素敵なメロディを心に合わせて歌いたい』と猜刃造伴由求めて″を書いた」という(86年8/25号)。
※うたごえ新聞2007年3月5日号歌の小箱NO.53より


ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

 うたごえカレンダー
前月2018年 8月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
 「掲示板」最近の投稿
 お薦めリンク










携帯版うたごえ掲示板



当サイトのバナーです。
リンクにご利用ください。