Hisanaga_logo
こんにちは、うたごえネットワークへようこそ!  
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー








  リンク集登録画面
  トップ記事過去録
 来訪者数('07/02/01〜)
12419715

昨日: 13625
今日: 8709
 うたごえWiki最新データ
 検索

高度な検索
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | バックアップ | ヘルプ ]

Counter: 2068, today: 1, yesterday: 0

 北原白秋作詩
 山田耕筰作曲
 詩人・北原白秋(1885〜1942)が1925年の北海道旅行の際に立ち寄った札幌の北1条通りに立ってアイデアを得たという歌(歌われている時計台は現存)。この旅行と直前の樺太観光の成果を児童雑誌「赤い鳥」に詩として発表した中の1つ。作曲家・山田耕筰(1886〜1965)が「童謡百曲集」刊行に向け1927年、作曲。「赤い鳥」は作家・鈴木三重吉が、「子どもが巷で触れる文学などの狢悪・貧弱低劣な現状″に対して、真純な感情を保全開発するために」と1918年創刊(36年まで刊行)。文壇のほとんどが協力する中で、白秋は児童詩の選評を受け持ち、明治以来の美文調にとらわれない児童自由詩を宣言していた。○喜草哲「うたのふるさと紀行」(日本放送出版協会)など
※うたごえ新聞2007年11月19日号歌の小箱NO.85より

北原白秋 作詞
山田耕筰 作曲

この道はいつか来た道。北原白秋(1885~1942)が1925年の北海道旅行で立ち寄った札幌(この歌で歌われる時計台現存)の北一条通りに立ってアイデアを得たという。直前の樺太観光、この北海道旅行と一連の旅行の成果を児童雑誌「赤い鳥」に詩として発表し、この歌は、同じく札幌を歌った「落葉」「楡のかげ」に続き、26年に掲載された。
「赤い鳥」は作家・鈴木三重吉(1882~1936)が、子どもが巷で触れる文学などの“俗悪・貧弱低劣な現状”に対して“真純な感情の保全開発のために”と18年創刊(~36)。白秋は児童詩選評を担い、明治以来の美文調にとらわれない自由詩を宣言していた。作曲は27年。「童謡百曲集」刊行に向け山田耕筰(1886~1965)が茅ヶ崎~東京の列車の中で作ったという。
※うたごえ新聞2010.11.22号歌の小箱No.218より


ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

 うたごえカレンダー
前月2017年 11月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<今日>
 「掲示板」最近の投稿
 お薦めリンク










携帯版うたごえ掲示板



当サイトのバナーです。
リンクにご利用ください。
 うたごえ紹介曲
明日をこの手に





【作詞】橋本のぶよ
【作曲】橋本のぶよ

つくり変えてゆこう
住みつづけるために
くらしを守る 心通う街を
今 私たちは
声をあわせ呼びかける
※東京を変えよう 
 明日をこの手に
 新しい時代へ 
 さあ歩きだそう

つくり変えてゆこう
命を守るために
働く誇りと 生きる喜びを
今 子どもたちに 
笑顔かがやく未来を
※くりかえし

つくり変えてゆこう
願い叶えるために
あきらめないで
胸をはって歌おう
今 誰にでも 
やさしさあふれる街を
※くりかえし

今 私たちは 
声をあわせ呼びかける
※くりかえし
さあ歩きだそう





歩いて行こう





【作詞】大熊啓
【作曲】大熊啓

歩いて行こう 歩いて行こう
歩いて行こう 一歩ずつ
歩いて行こう 歩いて行こう
前を向いて

急がなくてもいいんだ
焦らなくてもいいんだ
休みながらでいいんだ
自分のペースでいいんだ

今踏み出した あなたの一歩は
確かに未来へ つながってゆく
今踏み出した あなたの一歩で
何かが変わるでしょう