Hisanaga_logo
こんにちは、うたごえネットワークへようこそ!  
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー








  リンク集登録画面
  トップ記事過去録
 来訪者数('07/02/01〜)
14302358

昨日: 4799
今日: 2050
 うたごえWiki最新データ
 検索

高度な検索
[ リロード ]   [ ソース ]  [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | バックアップ | ヘルプ ]

Counter: 3062, today: 1, yesterday: 0

 市川小士作詞/林学作曲
 ふくい・北陸祭典高齢者合同演奏曲。この演奏の中心となるのは年金者組合メンバー。曲は1989年、全日本年金者組合結成大会で中央合唱団が初演。同組合は年金、医療、介護等の問題を解決する高齢者自身の組織として結成された。
 同じ作詞作曲コンビによる「わしらの宝」は、失業対策事業で働く戦争未亡人等も多かった全日本自由労働観合(全日本建設交運一般労働組合の前身の1つ)の歌であり狡垢で月働いてきた生活の声が歌となり、何ともいえぬ味″を醸し出した。同じく人生を振り返り平和の願いを歌うこの歌も初演の会場で、涙して口ずさんだ聴衆も多かったという。
 東京初演10日後の名古屋市内地域年金者組合結成でも歌唱指導された。
 祭典合唱曲集所収。
※うたごえ新聞2006年9月18日号歌の小箱NO.32より

♪やわらかに芽を吹くブナの林よ…。日本のうたごえ祭典in長崎"高齢者のうたごえ"演奏曲。1989年、東京での全日本年金者組合結成大会で中央合唱団が初演以来、高齢者運動のテーマのように歌い継がれている。
 同じ作詞作曲コンビの「わしらの宝」は、作詞の市川小士こと栗山嘉明が幹部を務めた全日本自由労働組合(全日本建設交運一般労働組合の前身の一つ)の歌であり、組合員には失業対策事業で働く戦争未亡人も多く"長い年月働いてきた生活の声が歌となり何ともいえぬ味"を醸し出した。この「かけがえのない人生を」も人生を振り返り平和の願いを歌うものであり、初演の時から涙して口ずさんだ大会参加者が目立ったという。初演10日後には名古屋市内地域年金者組合結成でも歌唱指導された。
※うたごえ新聞2010.8.16号歌の小箱No.206より


ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

 うたごえカレンダー
前月2018年 4月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<今日>
 「掲示板」最近の投稿
 お薦めリンク










携帯版うたごえ掲示板



当サイトのバナーです。
リンクにご利用ください。