Hisanaga_logo
こんにちは、うたごえネットワークへようこそ!  
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー








  リンク集登録画面
  トップ記事過去録
 来訪者数('07/02/01〜)
9965100

昨日: 17921
今日: 2912
 検索

高度な検索

9さんのうたごえブログ




  • 日本のうたごえ全国協議会の事務局長小沢久さんこと9さんの日々の活動ブログです。(2009.8.4〜)
  • 2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05
    2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2009 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12

    サッカー

    9san  2012年8月29日(水曜日) 19:54  
    いやー、サッカーがおもしろい。
    ヨーロッパにこんなに日本人選手が出ていること自体がすごいのですが、その活躍がまたすごい。
    香川はあのマンUで、ルーニーをベンチに控えさせ先発、ホームで得点、勝利に貢献。
    8万人を超える観客のスタンディングオベーションを受けている。
    中田の頃をおもうと隔世の感が。


    Jリーグでは、レッズが久ぶりに首位争いに加わってきた。
    目が離せない。


    女子のU-20ワールドカップも健闘中。
    この世代のタレントも多い。
    明日の韓国戦が鍵、勝てばおそらくドイツ戦、決勝にはアメリカか北朝鮮か。


    サッカーのスピード感と技に較べると野球がもどかしくなりますね。
    高校野球はまだしも、プロ野球のチンタラさはどうになかならないですかね。
    巨人が走っていますが、あの戦力で勝てなかったら笑いものですから。
    阿部の3冠王は期待しましょう。


    全米オーオープン錦織くんも調子がよさそう。


    ゴルフも宮崎美香がアメリカツアー初勝利。
    フジサンケイクラシックの遼君も楽しみ。

    オリンピックが終わってもスポーツのネタはつきませんね〜

    リンク元  (735)

    合唱発表会

    9san  2012年8月27日(月曜日) 15:28  
    25日は神奈川の合唱発表会の講評委員で磯子へ「いそごへいそご〜」と行ってまいりました。
    大宮からですと湘南新宿ラインなどという便利な電車が出来まして、横浜まで1時間ほど、そこから15分ほどで着くのです。
    腰の負担も考えて750円追加してグリーン車で。
    とは言っても池袋までは座れませんでしたが・・・・



    神奈川はここ数年続けて聞かせてもらっています。今年は31団体と参加団体も増え、演奏水準も上がってきました。
    音楽リーダーが多彩なのもここの特徴。うらやましい。
    このところ力をつけてきたのですがなかなか全国推薦がかなわなかった藤沢合唱団が全国推薦に。よかったです。
    ここは、講評委員ひとり1団体の特別賞を出して下さいといわれています。
    「涙を越えて」を振り付け付で歌ってくれた、同世代の方が多いビナ・ベリーさんに「小沢賞」を。青春の歌ですから。



    26日は千葉の合唱発表会。
    当初予定していた講評委員の方の都合が悪くなり急遽ピンチヒッターで。
    昨年は祭典開催と言うことも有り参加団体も多かったのですが、今年は例年並みの22団体。
    祭典を経ての音楽に前進を見ることが出来ました。
    ここも、昨年残念だったプリマベラが見事全国推薦。よかったです。



    この日のワタシ的な一番は「歌の広場」さん。
    奥野真理子さん(先日の歓喜の翼コンサートの第九のソロもやっていただいた)指揮する、結構年配の方が多い合唱団です。
    ドイツ民謡「うるわし春よ」何とドイツ語で歌われて・・・ただ者ではない
    そして、2曲目が「人間の歌」。
    この歌をうたいたくて集まってきた合唱団というコメントもついていました。
    いろいろな人生を歩んできただろう先輩諸氏が「生きて〜生きて〜生き抜いて・・・・」もう涙がこらえられませんでした。
    何十回と歌い、聞いてきたこの歌です。
    先日の平和の木とのジョイントでも新しい「人間の歌」に出会いましたが、この日もまた新しい「人間の歌」でした。
    新江さん(山ノ木竹志)もまた「ドラマじゃの〜」といっているでしょう。



    新江さんと言えば、神奈川のこのところおもしろいのがMM2012・・・夫婦ギター漫談?
    昨年は千葉の各地の地名を盛り込んで祭典へのアピールを、今年も「広島といえば・・・」と、広島名物を入れ込んだ「ラジオ体操第1」の替え歌。さらに「広島といえば新江さん」。
    これも涙なしには聞けませんでした。
    あの福岡祭典で司会をやったのがこのグループの片割れMかさん。その台本を書いたのが新江さん。さらにはその前の神奈川でのフェスティバル。このペアたちが企画提案して実現した音楽会を「ええでええで」と励ましたのが新江さん。
    この年に事務局で関わったのが今の仕事につながっている、福岡祭典の司会者にMさんを推薦した私としても、忘れられないことでした。



    その新江さんが愛し生きた広島での全国交流会。なんとしても成功させなければです。




    08/31 00:02 うたう弁護士@ゲスト 
    9さん
    神奈川の合唱発表会での講評,ありがとうございました♪
    私的には,初出場の野ばら合唱団(平均年齢・・70代?)の特別賞が心から嬉しく思いました。歌うことが楽しい!という皆さんの気持ちを佐古さんがわかって下さったのが,本当に嬉しいです♪
    広島での全国交流会,とても楽しみです!ぜひまた飲み会でも御一緒させてください♪
    08/31 10:56 9san 
    うたう弁護士さま
    大活躍でしたね。
    あそこにもここにも顔が見えました。
    また、広島で。

    リンク元  (765)

    甲子園

    9san  2012年8月24日(金曜日) 18:17  
    23日
    腰痛が起こって急遽お休み。
    安静が第一。おかげで甲子園の決勝をゆっくり見ることが出来ました。



    みちのくへ初の優勝旗を(北海道はお先にいただいたのでちょっと余裕)と思って青森光星を応援していたのですが、藤波擁する桐蔭学園は強かった。
    ミスもあったけれども、打てなければ勝てないわな。
    3期連続の準優勝はそれはそれで立派。
    でも、八戸とはいっても地元の生徒は少ないんだろうな〜。
    その点何年か前の佐賀北の優勝って高校生の無限の可能性を見させてくれた感じがします。
    しかし、入場行進のあの異様なまでの一糸乱れぬ姿って、いかがでしょう?
    昔はオリンピックでもそうだったのですが、いつのころからかオリンピックはずいぶん和やかになりましたね。
    ユニフォームは別として、全員丸刈り、一糸乱れぬ行進を「高校生らしい」と考えているとしたら、時代錯誤も甚だしい。
    ま、丸刈りは汗まみれになる事思えば自然の成り行きかもしれませんが・・・・丸刈りのわたしの経験から。



    ジャーナリストが射殺されたり、島の領有権ですったもんだしたり、きちんと会話が出来ないことからおきる問題だな〜。
    ま、わたしゃ島の問題については体制側の「やらせ」の臭いも感じていますが。
    原発再稼働反対や原発反対の世論の高まりを恐れた輩が右旋回をしかけたような・・・



    明日は神奈川、日曜日は千葉、来週は福島と合唱発表会の講評委員で出かけます。
    都道府県のサークル・合唱団の演奏を直接聞ける貴重な機会です。
    長時間座りっぱなしで腰が心配ですが・・・・


    キリ番一言にあのロシア歌曲の歌い手中川速男さんが足跡を・・・ありがとうございます。


    08/25 11:24 えひめみかん@ゲスト 
    えーっ!! 千葉に?

    どうか、緊張しないで歌えますように!

    連日の講評委員.....どうか、腰痛が再発しませんように。

    リンク元  (729)

    まとめて

    9san  2012年8月22日(水曜日) 19:13  
    更新したはずのブログがどこかへ行っちゃって・・・・
    しばらくぶりの更新です。

    夏休みとはいっても結構忙しいのです。

    16日は「済州島4・3事件65周年東京追悼集会及び芸術祭」で日韓朝の合同合唱について2度目の話し合い。一歩一歩進んでいきます。


    17日は夏休み2度目の芝刈り。
    よりによってよりい(寄居)・・・暑いことで有名な熊谷のすぐそば・・・氷を頭に乗せながらラウンドです。ついこの間やった成果があり、この日もまあまあ・・・・これでまたしばらくは出来ないんだろうな〜



    18日はマエストロKの指揮する若潮少年少女合唱団恒例の夏の定期演奏会。ミュージカルイノセントムーンの再演をみました。
    ダブルキャスト、トリプルキャストで子どもたちみんなの熱演は心が温まります。
    昨年の埼玉合唱団のミュージカルにも出演してくれた高校生Yちゃん。今年で卒団です。最後の定演、熱演に拍手。
    2部の合唱ではたけさんの「生きる」に加えて「いつか」もうたうとあって聞きたかったのだけど、仙台に行く時間があり、聞けなくて残念。それはまた・・・いつか・・・・パクリです。



    19日 仙台で東北ブロック会議。7月に青森で集まったときに充分深められなかった話しを時間をかけて・・・・東北各県と宮城から20人が参加。いい会議になりました。



    20日から事務所でのお仕事再開。
    11時過ぎまで事務所に居て、帰ると午前様・・・・いかんな〜。


    秋の取り組み、来年のこと、再来年のこと・・・・その先のこと・・・・いろんな事が平行したり、絡み合ったりして進んでいきます。
    それにしてもいつまで続くんでしょうこの暑さ・・・・閉口しています。

    リンク元  (728)

    夏休み2

    9san  2012年8月14日(火曜日) 10:11  
    12日は、お正月以来の芝刈りに。
    炎天下でしたが、気心知れたメンバーとのプレーは楽しかったです。
    スコアもまずまず。
    本当は月に一度くらいはこんな気分転換もと思うのですが、盆と正月くらいがやっとです。


    今日はこれといった予定もなく、楽しみにしていた甲子園も雨で中止。
    家で本でも読んで過ごします。


    宮城の人と電話で会話。
    前向きな話は元気が出ます。


    考えなくてはならないことが山ほどあるのですが、ON・OFFをしっかりつけないととおもって、今日はOFF。
    あしからず。


    そんでもってOFFのネタ。
    オリンピック終わっちゃったな〜
    やっぱりいいな〜オリンピック。
    この一瞬にすべてをかけた輝きはオリンピックならでは。
    すべての競技に女子が参加したこと。
    肌を露出しない文化を持つ国から参加した女性が、髪をスカーフで覆い、長いタイツ姿で走る。
    日本の女子の頑張りも含めて、女子が輝いた大会の印象。
    世界にはこんなにも国があって、中には内戦状態でそれどころではない国もあったろうし、役員2人、選手1人なんて国も含めて、スポーツで一つになれる機会はここ。


    平和の祭典としてのオリンピック。
    国民だれもがスポーツを楽しむ権利を保障する・・・・それは労働時間の短縮であったり、公共のスポーツ施設の充実であったり、良き指導者の存在であったり、地域文化の発展であったり・・・・スポーツする環境を充実させながらのオリンピック誘致ならばよろしいかと。


    実際は利権が渦巻いたり、過当な金メダル至上主義などいろいろ問題はあるでしょうが、「そんなお金があるのならほかに回せ」の論調は、「文化」の軽視のようであまり好きではないのです。







    リンク元  (730)

    夏休み

    9san  2012年8月12日(日曜日) 20:50  
    10日
    仙台に行ってきました。
    うたごえ、文化の力について考えさせられる時間でした。


    11日みやぎ紫金草合唱団の練習前にごあいさつ。


    社長の車で、大渋滞の下り車線を横目にすいすいと。
    これからの事についてしゃべりながら。
    還暦過ぎの人のほうが未来を語るな〜

    埼玉に帰って埼玉合唱団の運営委員会とコンサートのまとめの会議。
    時間がたつほど、いろいろな方の感想がとどき達成感が沸いてきます。


    12日から夏休み頂きます。

    リンク元  (725)

    8月10日

    9san  2012年8月10日(金曜日) 12:56  
    原水爆禁止2012年世界大会−長崎。
    今年はいつもの体育館が改修工事のため向かいの公会堂での開催。


    九州各県を中心に1700人が集まりました。
    この日も、舞台進行の任務。
    4日、6日、9日と、1分の遅れもなく無事終了。
    私が運営委員になってから初めてではなかろうか?
    ま、なんでも時間通り終わればいいのかという事もあるのだが、参加者の行程なども考えると、時間通り終えるに越したことはないわけで・・・・
    まずはほっとしました。


    長崎から大宮まで8時間の列車の旅。本も読めて、一眠りできて、なかなか良かったです。


    今日10日は、うたごえ新聞合併号の発送日。
    刷り上がった新聞の一面を飾るのは、ローザンヌ国際バレーコンクールで優勝した菅井円加さん。
    彼女の在籍する和光高校の両角校長は大学の同期生。
    北海道の水産高校の先生時代に「バラサン岬に吠えろ」という本も出しています。
    とても素敵なインタビュー記事になりました。
    (ホントは私も同席したかったのですが、歓喜の翼コンサートの本番と重なって断念。今度、両角校長とはゆっくり会いたいものです)


    その、歓喜の翼コンサートの記事と音楽会評。
    記事を書いてくれたのがチョンガンホンさんという在日の方。
    熱い文章です。


    福島の都路混声合唱団の記事も。
    武さんのブログから取材が実現したのでした。


    自分が書いた原水爆禁止世界大会の記事や広島の全国交流会の記事もあり、イヤー今号への貢献大ですな〜と、ちょっと自画自賛。


    12面は、宮城で開催された教育のうたごえ交流会。これもすばらしい記事です。続報が楽しみ。


    この新聞の読者を増やすのが目下の最大のお仕事です。
    読んでね。

    リンク元  (763)

    8月7日

    9san  2012年8月07日(火曜日) 17:52  
    長崎です。
    特急かもめで駅弁でもと思っていたら車内販売が来た時にはすでに売り切れ。
    ホテルにチェックインしてから、中華街で昼食。
    う〜ん。
    しょっぱいだけでいまいちだったな〜


    1週間事務所を空けるので、ホテルで少しお仕事。
    パソコンがあればどこでも仕事が出来るのも善し悪しですね。


    夜は一口餃子を食べに行こう。


    オリンピックも佳境です。
    サッカー女子強いな〜。


    アメリカもカナダに3点取られるくらいだから、守備に不安があるかも。


    今晩は男子。永井の怪我が心配だけど、やってくれそうな予感。


    高校野球も始まるし、まだまだ続くスポーツの夏。

    リンク元  (739)

    8月6日

    9san  2012年8月06日(月曜日) 21:17  
    67年目の広島の夏。
    8時15分 いつもなら舞台の仕込みで黙祷も忘れてしまうことが多いのですが、今日は気がついて周りのスタッフと共に黙祷20秒。よかった。


    世界大会閉会総会。
    朝早くのリハーサルにもクミコさんが来てくれて期待が高まってきます。


    国連代表、浪江町長、クミコ・・・なかなか注目の企画になっています。
    圧巻だったのが、高校生や青年、被災地殻の参加者に囲まれてうたうクミコさんの「きっとツナガル」。
    ピアノ一本の伴奏が効果的。
    いいステージが出来ました。



    それに続く浪江町長の渾身の発言、そして福島の高校生の発言は、満場の参加者に深い感動を与えました。
    舞台裏でも、みんなグジュグジュになって聞いていました。


    舞台進行もスムーズにいって、予定時間に終わることが出来ました。


    うたごえ新聞に記事を入稿、夕方から広島のうたごえのメンバーと交流です。


    広島のうたごえはこの期間「夏のピースアクション」と銘打って本当にかけずり回ります。
    毎年毎年巡ってくる8月6日。
    広島のうたごえはここで鍛えられているのかもしれません。


    11月にはまたお世話をかけることもふくめ感謝の挨拶をさせてもらいました。


    川面をさかのぼる灯籠の光を見ながらホテルへ。

    明日から長崎です。

    08/07 08:02 0153@ゲスト 
    お疲れ様でした。
    暑かったですね。
    被団協の代表委員の坪井直さんは、「67年前のこの日もとても暑い日だった!」「そして、今年と同じ月曜日だった」とも・・・
    私は、虹のステージで「ぞうれっしゃがやってきた」を歌って、7年前のうたごえ祭典での熱気を思い出し、以前からの夢を実現して、昨夜帰宅しました。
    9さんは、この後長崎。長崎も暑いのでご自愛下さい。

    リンク元  (737)

    8月5日

    9san  2012年8月05日(日曜日) 19:08  
    今日は朝から分科会がたくさん開かれます。
    わたしは、「反核平和の文化」の運営責任者のため、これまで他の分科会に参加したことがありません。
    文化の分科会はほとんどの人がこの分科会は初めての人。


    助言者の利元さんはジャーナリスト会議の会員、もと広島テレビで仕事をしていた方です。
    メディアの抱える問題の体験も踏まえて報告は興味深い者でした。


    官邸前行動や10万人集会など、マスコミが無視できなくなっている状況や、草の根のメディアのちからなど、みんな感じていることですので、うんうんと頷きながら聞いています。

    参加者の発言も淡々と自分たちの活動を語り、その活動の中から希望を抱いていることが伝わるものが多かったように思います。
    若者たちにもたくさん話してもらう事ができました。


    明日は、67年目の8月6日。
    ヒロシマデー集会には国連軍縮問題担当上級代表も事務総長の代理として参加します。


    クミコさんのステージも有り、フィナーレのWe shall overcomeまで無事進行が進むようにこれから打ち合わせです。

    リンク元  (738)