Hisanaga_logo
こんにちは、うたごえネットワークへようこそ!  
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー








  リンク集登録画面
  トップ記事過去録
 来訪者数('07/02/01〜)
11958914

昨日: 5456
今日: 7953
 検索

高度な検索

9さんのうたごえブログ




  • 日本のうたごえ全国協議会の事務局長小沢久さんこと9さんの日々の活動ブログです。(2009.8.4〜)
  • 2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05
    2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2009 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12

    スポーツは眠い

    9san  2012年6月29日(金曜日) 21:40  
    ユーロサッカー佳境です。
    LIVEで見ることを信条にしている身としては、つらい日々が続きますが、やはりこの熱気はLIVEでこそ。



    本命視されていたドイツがイタリアに負けました。
    決勝はスペインとイタリア。グループ予選であたって引き分けたけれど目を離せないプレーをした両チームが決勝で再びです。



    ウィンブルドンのケイ君もがんばっています。
    進化しているのがすごいですね。



    そして一ヶ月後はオリンピックです。
    たのしみ〜ですが、寝不足は免れない。
    でも、神経内科で先生が、一生懸命スポーツ観戦出来ると言うことはいいことでもありますよ、といってくれたのでがんばろう。


    明日から青森で東北のうたごえ交流会。
    青函連絡船の乗り継ぎ以外では初めての青森です。
    たけさんやちゅうやんとも一緒です。
    新幹線の中で読む本も仕込んだし、楽しんできたいと思います。



    来週は大島で東京・関東のうたごえ交流会。
    これは自費参加。
    お仕事ではないので、遊びに徹します。



    しかし、あっという間に今年も半分終わっちゃいますね〜。
    この半年で訪問した道府県を数えたら、千葉、宮城、大阪、北海道、新潟、広島、沖縄、茨城、山形、長野、青森・・・複数回行っているところが6道府県あるのでまあ、忙しいはずです。
    デスクワークが溜まってしまいます。悩みの種です。




    リンク元  (730)

    新たな出会い

    9san  2012年6月28日(木曜日) 18:16  
    6月25日 大阪で季刊「日本のうたごえ」に掲載する座談会に参加。
    全国講習会から見えてきたうたごえの創造的課題のような事なのですが、話しはもっと具体的。
    なにせ、日々音楽づくりで苦労しているナベちゃん、ケイゾウさん、サリーさんが語りあうのですから。
    次号季刊「日本のうたごえ」も乞うご期待。



    午後からは、11月の全国交流会の音楽会の企画プロジェクト。
    どうやら企画もかたまり、具体化に向けて動き出します。



     会議が終わって東京に戻り、来年の日本公演が本決まりになった韓国・光州民衆抗争を題材にしたミュージカル「華麗なる休暇」の準備のために来日していた、柳先生やプロデューサーとの懇談の席に合流。
     これまた新しい出会いがドラマでした。



     先日のモンダンヨンピルで小林光さんと出会った女性が柳先生の教え子だったりして・・・・え〜どうして先生がここに居るのですか〜?のような出会い。
     高田馬場の居酒屋で最後は「朝露」をうたっていたら、お客さんから「高田馬場でこのうたが聞けるなんて・・・」と、拍手が。日本に来ている韓国の方でした。
     制作会社のお二人は、「彼等のための行進曲」を生み出す現場に居た方だったり・・・
     韓国との音楽交流から15年。
     来年5月31日、6月1日、ミュージカル「華麗なる休暇」の取り組みが、文化交流を通じてあらたな展開の始まりです。


    リンク元  (741)

    関西合唱団

    9san  2012年6月26日(火曜日) 14:26  
    6月24日(日) 関西合唱団の演奏会といくつか打ち合わせと会議をセットして大阪へ。
    いずみホールでの関西合唱団の演奏会を聞くのは2回目。
     門万沙子さんのピアノソロから静かに始まる第1部は守屋博之さんの指揮。
     丁寧な音楽づくりと統一感のある声はさすがです。
     注目していたのは「風よふるさとよ」のコンサートでの初演。
     明確な言葉とメリハリのきいた構成、すばらしかったです。
     更に歌い込み、音楽の中味を歌い手ひとり一人が自分のものにしていく作業の中でさらに説得力のある音楽になるのではと思いました。



    2部はともにうたう合唱団とともにうたう「そだちあういのち」の初演がメインのプログラム。
    作曲者安広真理さんのとなりで聞かせてもらいました。
    産み出す苦労も少し聞けたのが良かったです。



    育児放棄によって失われた幼いいのちを題材に9章からなる合唱組曲。
    いまこのことを取り上げ、たくさんのひととの協力の中で200人を超える合唱を創り上げた取り組みはすばらしい。
    医療の現場を描いた「いのちをつなぐ人たちのうた」(2007年)がその後各地でうたい広げられていることをかんがえると、その着眼点と取り組みは学びたい。



    随所に安広さんのメロディーがひかり、市民合唱団も加わってきてからは音が会場を満たす充実した演奏、鼻をすすりながら聴いている人もたくさん居ました。
    もう少し詞を整理し、全体をコンパクトにすることが出来たら更にいい作品になるのではと感じました。


    リンク元  (772)

    6.23

    9san  2012年6月26日(火曜日) 13:43  
    松本の講習会の残務をしながら、3月に一度順番がくるうたごえ新聞エッセイ「うたごえ時間」を書いた。
     700字くらいのものなのだが、これがなかなかのプレッシャー。
    なんとかいいものがかけたかなと思うのですが、7月2日号ご笑覧下さい。



     6月22日は、モンダンヨンピルチャリティーコンサートに。大震災で被災した朝鮮学校支援を掲げて日本各地で、韓国でもおこなわれているコンサート。
     専修学校や各種学校も含めた「高校無償化」の制度から朝鮮学校を対象外にしている問題も取り上げている。
     7月の歓喜の翼コンサートを取り組む中でも、この無償化除外問題に向き合いながらやっていることも有り、会場が中野ゼロと近いことも有り、行きました。
     中野の駅を降りると「当日券はありません」のポスターを持ったスタッフが立っています。中野ゼロの大ホールが開演前から満杯なのです。
     まあ、行くだけ行ってみようとおもいたどりつくと、ロビーにあふれた人たちがモニターテレビを見ています。並べてくれたパイプ椅子にすわってしばらく見ることが出来ました。
     冬ソナのキム次長役のクォン・ヘヒョ(モンダンヨンピル共同代表)の軽妙な司会で舞台が進行します。韓国から有名なアーチストが参加、会場は大盛り上がり。熱いです。
     ソンビョンフィも来ているし、光さんも関わっているのですが、挨拶も出来ないで帰ってきました。



     

     23日(土) 6.23沖縄慰霊の日、明治公園では怒りの大集会。文化企画にも関わっていたので朝から参加する予定でしたが、どうにも体調が悪く、次の日からの大阪出張も有り、ドタキャン。若者に託しました。
     新聞報道によると25000人の怒りの集会になったとのこと。
     「冗談じゃない税」や「停まった」のうたが受け入れられたとの報告も。



    沖縄には野田首相も参加して慰霊祭。沖縄の「負担軽減」などと言うそばから、オスプレイの配備などを着々と進める・・・・蛙の顔に○○・・・ドジョウの顔にも○○
    民自公の大政翼賛体制で密室で悪政がすすめられていく状態に、あきらめることなく立ち向かわなくてはならない。



    リンク元  (734)

    松本3日目

    9san  2012年6月18日(月曜日) 22:37  
    今年はコース別指揮法を3日間設けた。
    3日間を通して劇的な変化を見ることが出来たと好評。
    コースによっては違いがあったようですが・・・・





    最終日は新実徳英さんの「つぶてソング」の合唱。
    作者の思いが直接伝わるので、作品の理解が深まる。
    柔らかい語り口で力が抜けた指導に一同惚れ込んだ模様。
    おしゃれな新実さんですが、この日のシャツが黒。遮光カーテンがバックのため写真の角度に苦労しました。
    ピンクのジャケット姿を写したかった。





    「まとめ」で語られたうたごえ60年になる守屋さんの「この参加者の中から次の時代の指揮者が出てくることをこころから願う」のことばが残る。



    いつになく盛りだくさん(いつもか)・・・朝の9時から夜の9時すぎまで連日・・・鬼のような日程ですが、講師も受講者もスタッフもよく頑張りました。



    来年も同じ日程で出来るように準備中です。
    今年来られなかった人も、来年はぜひ。



    06/20 18:50 kuri 
    来年はきっと行きます。コース別是非来年も3日間やってください。毎年なんか消化不良だったんです。

    リンク元  (741)

    松本二日目

    9san  2012年6月17日(日曜日) 00:34  
    昨日に引き続きコース別指揮法。


    みんなの前に立つ人はエライな〜と。


    午後からは工藤俊幸さんの指揮法特別講座。
    10数人がみんなの前で振ったり「練習」をやるのですが、工藤さんからは次々に質問が飛びます。
    曖昧な答えは許されません。
    いや〜見抜かれています。


    技術はもちろん大切なのですが結局問われるのは最終的には人間なのだな〜と言う感想はきっとこれからも「指揮」はやらないであろう人間の気楽さからでるのかも。



    藤村さんが、明日の大飯原発再稼働反対の集会に行く途中に顔を出し、できたての「停まった」の曲を披露。



    今年は小村公次さんの講座も注目。
    約20年間合唱発表会の審査をお願いしているのですが、選曲の傾向などをデータ化してあり、分析も。
    レジメを映像化して話してくれるのでわかりやすいのです。
    それにしても、よく勉強しているな〜と。
    評論家といわれる人のすごさも知らされた気がします。



    夜は守屋さんの合唱講習。
    「風よふるさとよ」をしっかり時間をかけて。
    力が入っていました。
    来週の関西合唱団の演奏会が楽しみです。



    ホテルに帰って、新実徳英さんと一緒にちょっと交流。
    ピアニストも加わり多いに盛り上がりました。
    う〜ん。おもしろすぎてここで詳しいことがかけません。



    部屋に帰ってニュースを見れば、大飯原発再稼働が決まったと。
    こういう事態の中で何をどう歌うか。
    問われます。



    スポーツニュース。
    ジャイアンツが交流戦優勝。
    まあ、大本命が抜け出てきた感じですね。


    サッカーユーロも見逃せません。
    優勝候補とかランキングとかはもう関係ない世界の気がします。
    サバイバルが続きます。
    ドイツかな〜。
    若手とベテランのバランスがいいのは強いと思うのですが・・・・

    リンク元  (744)

    松本で講習会

    9san  2012年6月15日(金曜日) 22:44  
    毎年この時期は松本市で、全国指揮・合唱指導講習会。
    今年もあがたの森文化会館に北は北海道から南は福岡まで100人近くが集まります。


    コース別の指揮講習は今年は3日間にわたります。
    受講者はもちろん、歌い手としての参加者もめっちゃべんきょうになります。
    テキストとして取り上げられる曲が「つぶてソング」や「風よふるさとよ」など、重いテーマの作品が多いのですが、震災、原発事故から一年以上を経て、あらためて生き方と音楽が問われる気がします。
    指揮者、音楽リーダーの役割はもちろん、歌い手ひとり一人の感性、表現力を磨くことが。



    3日間の講習で何かが見つかると思います。



    それにしても、守屋さんやナベちゃんとは、長野、函館、松本とたくさん会っているな〜。来週は関西合唱団の演奏会でも会うし。
    ナベちゃんとは、新潟でも会って、先日も音楽センターの会議でも会って・・・・
    それでいて、肝心の話しはメールでやっていたりするのですよ。ははは。



    今日の参加者がオウムの高橋逮捕の号外を持ってきてくれました。
    きっと、今日のニュースはそのことが大々的に取り上げられるでしょう。
    その裏で、国民の生活に関わる大事なことが「談合」で決められる動きが強まっています。
    「目くらまし」に注意しないとね・・・・と忠やん。まったくです。

    リンク元  (731)

    第五福竜丸

    9san  2012年6月14日(木曜日) 14:26  
    時間が前後しますが
    6月8日 

    夢の島の第五福竜丸展示館に、「連歌『鳥の歌』」の取り組みについて相談に同行しました。




    「連歌『鳥の歌』」は、井上頼豊生誕100年の今年、息子さんの鑑さんが企画している、「鳥の歌」の様々な演奏を紹介していく企画。
    11月25日は広島の旧日本銀行広島支店を会場に開催することが決まっています。


    第五福竜丸展示館に行ってビックリしました。
    こんな人形が立っているのです。





    人形作家のヤノベケンジさんの作品「サンチャイルド」。
    放射能防護服を着た少年が、マスクを外し希望の光を掲げているモニュメント。
    展示館の中の第五福竜丸の船上にも小さな人形が飾ってありました。
    7月1日までの展示だそうです。




    福竜丸=ラッキードラゴン。
    ラッキードラゴンで検索すると、吹奏楽の演奏がトップにヒット。
    春日部共栄高校の委嘱作品「ラッキードラゴン〜第五福竜丸の記憶〜」が吹奏楽コンクールで金賞をとったそうな。知らなかった〜




    平和の遺産がこのような形で若い人たちに受けつがれていく・・・・文化の力を感じます。

    06/16 17:29 kuri 
    旧日銀での演奏。楽しみだなあ。行く時間があるかどうかが心配です。

    リンク元  (768)

    映画「道〜白磁の人〜」

    9san  2012年6月11日(月曜日) 20:40  
    6月10日(日)


    しばらくぶりの「お仕事」のない日曜日。
    朝の「お勤め」も思わず忘れそうになり・・・・アセアセ



    たまには映画でもと思ったのですが、何をやっているのかも調べてないし・・・・と思っていたら、なにげに見ていたテレビで「道−白磁の人」のコマーシャルが・・・・
    昨日の笠木さんとのはなしにもでてきた・・・・これだとおもって行きました。
    埼玉では三郷のMOVIXでやっていました。



    よかった〜〜〜〜〜!
    浅川巧を描いた日韓の映画人による傑作



    「歓喜の翼コンサート」を取り組む中、いやもちろんそれ以前から日本と韓国の音楽交流を進めてきたものとして、今も起こっている様々な理不尽な問題に向かいながら・・・必見!



    ここでも描かれる「それでもわたしは木を植える」。




    ハンカチいります。



    こんなすばらしい映画なのに、この回の観客は8人・・・・・もったいない。
    http://hakujinohito.com/index.html

    リンク元  (753)