Hisanaga_logo
こんにちは、うたごえネットワークへようこそ!  
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー








  リンク集登録画面
  トップ記事過去録
 来訪者数('07/02/01〜)
11381098

昨日: 7648
今日: 7079
 検索

高度な検索

9さんのうたごえブログ




  • 日本のうたごえ全国協議会の事務局長小沢久さんこと9さんの日々の活動ブログです。(2009.8.4〜)
  • 2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05
    2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2009 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12

    オフィス

    9san  2012年4月26日(木曜日) 20:45  
    4月26日


    懸案の事務所の改装です。
    書類の山に埋没して仕事をしていたわけですが、思い切って什器を入れ替えました。



    古い書棚の紙類を全部出して、机の中も空っぽにして、書棚も机も椅子も入れ替えです。
    見た目は新品ですが電話台以外はほとんど中古。
    中古もばかに出来ませんよ。


    これまでは「事務所」と呼んでいたのですが、これからはオフィスと呼んでもらっても恥ずかしくないかも。



    問題は、一度出した書類の山を仕分けして入れ直すことが大変。
    入りきれなかったらどうしようと思いながらも、この際思い切って捨てるものは捨てましょう。




    労働環境を改善したのでがんばってお仕事しなくてはです。



    写真は後ほど。

    04/27 16:26 さくら@ゲスト 
    オフィスがすっきりすると、スタッフもすっきり見えますね。

    こっちもきれいにしてほしいなぁ〜

    リンク元  (738)

    千葉へ

    9san  2012年4月23日(月曜日) 20:52  
    4月22日

    千葉のうたごえ協議会の総会



    昨年、週何回か通った懐かしの保育センターです。



    祭典の残したもの、有形無形の財産をどう感じ取り、次に向けてどう生かすか・・・
    青年たちはメーデー前夜祭を企画し、シニア合唱団が準備され、様々なところからお声がかかる・・・・確実に祭典前とは変わってきています。



    未来の希望を語ることが必要だなとも。
    ま、大風呂敷を広げりゃいいっていうものデモありませんが・・・・

    リンク元  (733)

    ペギー葉山

    9san  2012年4月23日(月曜日) 20:32  
    4月21日

    埼玉革新懇のイベント、ペギー葉山講演と歌のつどいトーク&ライブがありました。
    埼玉革新懇というのは「平和・民主・革新の日本をめざす埼玉の会」が正式名称。
    全国革新懇は次の三項目を共同目標にして、はばひろい多くの人たちが参加しています。
     1.日本の経済を国民本位に転換し、暮らしが豊かになる日本をめざします。
     2.日本国憲法を生かし、自由と人権、民主主義が発展する日本をめざします。
     3.日米安保条約をなくし、非核・非同盟・中立の平和な日本をめざします。

    へーこんな人がという方がニュースに登場しますよ。四月号は秋吉久美子さんでした。(ひそかにファンです)




    今回のペギー葉山さんの企画は、埼玉合唱団の親方(北爪団長の愛称)が革新懇の役員をしている事もあって制作に関わり実現しました。「音楽工房ハートフルハーモニー(準)」プロデュースというわけです。




    歌手生活60周年を迎えたペギーさん。「マイ・ソング! マイ・ライフ! マイ・ラブ! 」と題して1時間のお話しと、うた。
    聴衆のこころをしっかりつかんで、ユーモアも交えながらの歌手人生のおはなし。品も格もあるのです。
    そして、うたも8曲も歌ってくれました。
    「学生時代」の前奏に乗って颯爽と登場します。
    中学生の頃大ヒットしたこの曲は大好きでした。
    あの歌手が目の前で歌ってくれています。
    胸キュンですよ。




    歌手生活60年ですから御年わかりますよね。(1933年生まれ)
    もう、まいっちゃいます。




    デビューし立ての頃、労音の全国公演でミュージカルもやったという話しも興味深かった。
    千田是也演出 ペギー葉山主演「劉三姐」




    60周年を記念しての新曲も披露。小椋佳作詞「結果生き上手」と「夢の坂道」。
    「結果生き上手」・・・なんとすばらしいことば。(歌の題名にはなかなかないと思いますが・・・)




    還暦過ぎたぐらいで、疲れたとか、先がないとかいってられませんね〜

    リンク元  (781)

    事務局研修合宿

    9san  2012年4月20日(金曜日) 19:44  
    17日〜18日は毎年恒例の事務局研修合宿・・・・という名の小さな旅。
    費用を毎月積み立ててこの時期のうたごえ新聞休刊週に行きます。
    行き先は昨年に続いて箱根。
    昨年は5月だったので緑が濃かったのですが、今年はまだ桜も残っていて。



    昨年は彫刻の森のピカソ館、今年はポーラ美術館。
    「印象派の行方 モネ・ルノワールと次世代の画家たち」という企画展中。
    こんな時でもないと美術館などには足を運びませんのでなかなか興味深かったです。
    ここでちょっと豪華な昼食。






    その名も「ルノワール家のごちそう」。




    宿は強羅の新宿区の保養所つつじ荘。
    夕食も以外とおいしくて満足。
    鯛の尾頭付き刺身を特注。



    夜は恒例のUNO大会。
    10ゲームワンクールで3クール。みんな年を取ったのか早めに終わりました。
    このところ勝てない年が続いています。
    今回はガッキーのダントツ勝利。
    そして、今年の合宿の一番の出来事・・・・K記者の壮絶ないびきに、男子全員討ち死にというか・・・・・しばらく語りぐさです。
    休みに来たのに寝不足に・・・・




    2日目は、ケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで、大涌谷から芦ノ湖へ。
    朝NHKの朝ドラの直前に芦ノ湖からの富士山が写っていて、「わー、これから行くとこじゃん」と期待していたら、残念ながら富士山だけ曇っていて・・・・さすがの晴れ男の神通力もいびきのおかげで弱まったか。



    去年は「なんで、こんなところに海賊船?誰が乗るの?」なんて馬鹿にしていた海賊船にも乗って、関所跡は外から眺めて、真鶴の磯料理「うに清」で昼食。
    この舟盛りがすごい!
    昨日はタイだったので今日はヒラメの活き作り。
    刺身にされてもバタンバタンしています。
    ごめんね〜。
    ごちそうさまでした。





    英気を養いました。



    リンク元  (747)

    14日〜15日

    9san  2012年4月20日(金曜日) 19:06  
    全国常任委員会でした。
    新体制になって初めての常任委員会。定刻には狭い会議室が一杯。
    ひとつひとつの議題で「討論」が交わされます。
    時間が何時間あっても足りないくらい、時には「激論」も。
    ただでさえ声の大きな人の集まりですから、「声の大きい人の意見が通る」なんてことはあり得なくて・・・・
    新人はビックリしていたのではないでしょうか。



    今回の会議の一番の成果は、季刊「日本のうたごえ」を全会員が読んで運動の質を変えていこう、特に、まもなく出版される「総会特集号」の大普及をやろうと意思統一されたこと。
    この号の特別注文を取ってがんばっています。
    お読みでない方、ぜひ、この号だけでも読んでみて下さい。

    リンク元  (732)

    高橋さんお疲れ様

    9san  2012年4月16日(月曜日) 20:11  
    4月14日


    高橋正志前会長のうたごえ専従生活46年お疲れ様の会。
    中央合唱団元専従団員の太田真季さん、音楽センターの社長として苦楽を共にしてきた道田さん、そして、この10年一緒に働いてきた全国協議会のわたしと、3人とも正志さんと同郷ということもあり世話人を買って出て準備しました。



    うたごえ創立当時からのメンバー、藤本洋さん、檀上さわえさんをはじめ、そうそうたる先輩方、全国の常任委員、うたごえの仲間が80人も集まってくれました。



    一人ひとりの挨拶やメッセージがユーモアにあふれ、暖かくて、あーこれが正志さんの人柄と運動がつくり出してきたつながりなのだなーと感じました。




    太田真季さん、原田義雄さん、てっちゃん・のぶよちゃんの歌のプレゼントも良かったのですが、この日一番はなんといっても中央合唱団元専従のみなさんの歌う「わが母の歌」。




    60歳から80歳を越える人もいるのに、この声、この音楽性、この表情・・・・しびれました。







    ずっと連れ添ってきた一美さんの笑顔がとてもうれしかったです。





    04/18 11:05 えひめみかん@ゲスト 
    46年......いやあ、一言ではかたれない、すっごい歴史ですねえ。
    会場にいらっしゃった錚々たる方々のオーラを想像するだけでも、わくわくして、なんだか自分がひとまわり大きくなれたような気がします。
    ただ歌が好きで、自分の感覚だけを頼りに今日まできてしまった私なんぞは、うたごえ運動の歴史、そこに関わってきた有名無名のみなさんの歴史をきちんと学ばないといけないなと、痛感する今日この頃です。

    それにしても、写真を拝見してびっくりしましたーぁっ!!
    一美先生は奥様だったのですかーっ!!  知らなかったですぅ!
    写真そのままの素敵な笑顔で、歌い手の気持ちに寄り添ってやさしく指導される先生
    のお姿に感激したことがありますが、なんと言っても、昨年の千葉祭典では福田先生とともに大変お世話になり、お礼状に対して、わざわざあたたかいお返事をくださり、そのお心遣いがとても嬉しかったこと、昨日の様に想いだします。
    機会がありましたらご夫妻の歴史もお伺いしたいです。
    04/19 15:54 9san 
    そうなんですよ〜

    会では、二人のなれそめや、逸話もばらされて、やんやの拍手でした。

    Q

    リンク元  (749)

    勘違い

    9san  2012年4月16日(月曜日) 11:26  
    3月21日のブログでkuriさんが「『いっぱひとからげ』?わざとですか?」とコメントしてあって、なにが?とおもっていたのです。



    先日、何かの話しの時に「いっぱひとからげ」って使ったら、それって「十把一絡げ」でしょ?と指摘されました。



    そうですよね〜。いっぱじゃ一絡げする必要ないわけで・・・・・



    62歳にしてはじめ気がつきました。


    kuriさん、そんなわけで、「わざと」ではありません。


    そんな勘違いってみなさんありません?





    04/18 10:04 えひめみかん@ゲスト 
    私も9さま独特の(失礼!)、何か裏に特別の意味があるのかなーと、思っていました。
    ただ、気になってちょっと調べましたら、「いっぱひとからげ」は「じっぱひとからげ」の誤用ということではなく、具体的な内容によっては、「いっぱ〜」「一派〜」
    「一把〜」という使い方もあるようですよ。
    04/19 15:51 9san 
    えひめみかんさん

    ありがとうございます。
    そうか、まちがいでもなかったのですね。
    ちょっとほっとしました。

    Q

    リンク元  (794)

    新会長

    9san  2012年4月13日(金曜日) 19:08  


    11日はうた新編集委員会。
    大阪から西さん、京都から竹内さん、ちょっとした勘違いで名古屋から舟橋さんも加わり、賑やか。
    紙面作りの論議はおもしろいです。
    息抜きの記事も欲しいとの声も。



    今年の交流会の事、演奏活動のことで宿題も出されました。
    あせあせ・・・・



    専従役員4人の打ち合わせ、夜は事務局会議そして懇親会・・・・・・
    西会長は次の日も事務所に出勤。


    新会長とツーショット。



    常任委員会の資料づくりも何とか間に合いました。
    高橋前会長のお疲れ様会準備も・・・・・




    北のロケット?案の定・・・・・
    にんまりしているのは自衛隊・・・・・
    わたしゃ「やらせ」と思っているのですが・・・・

    リンク元  (731)

    風よふるさとよ

    9san  2012年4月12日(木曜日) 18:52  

    今週は会議の週。
    水曜日のうたごえ新聞編集委員会、専従役員四人の打ち合わせ、事務局会議、その準備と平行して、土日の全国常任委員会の準備をしています。




    今週になってやっと体調も復調してきた感じで、あの体のあちこちがかゆかったのがウソのようになくなり、朝、電車を降りて一休みしないと職場に行けなかったのが、立ちっぱなしの電車でも大丈夫になり、ちょっと気合いが入っています。



    火曜日は埼玉合唱団で武さんの「風よふるさとよ」を練習すると言うことで駆けつけました。
    いいです。
    金井先生は、日本語を日本語として表現することを何度も丁寧に練習。
    「武さんの美しいメロディーに流されては、『あ〜きれいな曲』で通りすぎてしまいます。
    内容を伝えなければうたう意味がない」とも。
    歌いながら、この一年のいろいろなシーンが思い浮かび胸が苦しくなりました。
    でも、感情にまかせた「興奮」状態では、伝わるものも伝わらないとも。
    きっと、これからも歌うたびに泣くとおもいますが、冷静に熱く歌えるようになりたいものです。




    簡単な曲ではありません。
    一生懸命練習しなければ歌えません。
    各パートがきちんと歌わないと音楽が成り立ちません。
    でも、だからこそ、一歩一歩積み上げる努力のあとに見える世界が意味を持つのだとおもうのです。
    団員は必死で食らいつきます。
    そうしたいと、奮い立たせるものがあるのです。
    今、うたいたい曲です。
     

    武義和作品集も今月中の発行をめざして音楽センターのスタッフや、デザインの姪っ子も奮闘中です。予約も始まりました。ご注文は音楽センターへ。





    そして、残りの練習時間は信長貴富「初心のうたの」終曲「泉の歌」を歌いました。
    私自身は昨年のコンサート以来、しばらくぶりに歌う曲です。これもいい。
    一度本番を通って寝かせていた曲が、新たに目覚めた感じです。
     「風よふるさとよ」の練習で感じたものが、別の曲を歌っても意味を持っていたのだとも思うのです。



     いい音楽の時間でした。
     



    04/13 12:31 sakula 
    奮闘中です。


    立ちっぱなしの満員電車が大丈夫になっておめでとうございます。よかったよかった!
    わたしは各駅停車の人生も楽し…と割り切っていますが、家を出るまでがひと苦労。

    朝日新聞に載ったような心持のこのタイミングで、この作品集を完成させることに、個人的な大きな意味を感じています。
    一人でも多くの人が「風よふるさとよ」を歌うことで救われ、また聴くことで心慰められることを祈っています。
    04/13 18:41 9san 
    とおもっていたら、週も5日目になると、ちょっと疲れが。
    今日はやはり一休みしました。


    ぼちぼちでんな〜


    この曲集を、中学生や高校生も手にしてうたっていることを想像しましょう。

    Q

    リンク元  (764)