Hisanaga_logo
こんにちは、うたごえネットワークへようこそ!  
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー








  リンク集登録画面
  トップ記事過去録
 来訪者数('07/02/01〜)
12761417

昨日: 8125
今日: 7530
 検索

高度な検索

9さんのうたごえブログ




  • 日本のうたごえ全国協議会の事務局長小沢久さんこと9さんの日々の活動ブログです。(2009.8.4〜)
  • 2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05
    2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2009 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12

    埼玉合唱団訪韓記1

    9san  2010年8月31日(火曜日) 19:49  
    8月27日(金)
    成田へ。
    私の住んでいる大宮からは高速バスが出ています。それも始発の西武車庫は家の比較的近く。歩いてもいけますが、今回は荷物も少ないので自転車で。楽ちんです。
    大宮駅、新都心駅と続々と団員が乗ってきます。
    埼玉合唱団御用達のバスのようです。


    成田で約一名が空港内で迷って少し遅れた他は、パスポートのの忘れもなく無事チェックイン。まず第一関門突破です。


    今回の私の役回りは団内ツアコン。ま、しょっちゅう韓国にも行っているし、旅行社とのやりとりもしてきましたので、適役でしょう。


    仁川空港には、ハンギョレ統一文化財や平和の木合唱団の代表の方々が花束を持って待っていてくれました。
    天気は雨模様。この数日間ずっとこんな天気だそうです。
    「ソウルは暑くてもからっとしているから・・・」などと言っていたのですが、ウソでした。


    さて、バスは一路ソウルへ・・・・渋滞です。しかも大が着く渋滞。
    タプコル公園によって、ホテルにチェックインし、夕食後に練習会場へというスケジュールは早くも変更を余儀なくされました。早速決断です。雨も降っているし、公園はやめて、レストランに直行。
    機内食もあまりたっぷりではなかったので早めの夕食、石焼きビビンバです。


    外国のツアーで大事なのは食事と言葉というのをこの間学んでいましたので、食事には気を遣いました。職場の近くの新大久保の松屋の石焼きビビンバに較べれば物足りないのですが、団体旅行の食事としてはまあまあでしょう。


    ホテルはヨイドのレキシントンホテル。国会議事堂の近くでした。
    外観は立派。フロントに日本語を話せるスタッフがいるとの情報はどうも誤報。英語かハングル。どっちもあかんって・・・ま、ツアコンとガイドさんにお任せで。


    さて、いよいよ合同練習会へ。外は大雨。
    ハンギョレ新聞社の地下に練習場があります。
    100人以上でびっしり。それでも天井が高いので良く響きます。
    日韓入り交じった並びもつくられていて、隣の人と握手をしながら練習が始まります。
    金井先生の指揮曲から・・・・ナブッコの第一声が響きます。いい感じです。
    合同曲8曲を練習し、簡単なご対面のセレモニー。日本から持参した日本手ぬぐいといわさきちひろのポストカードを団員から団員へ手渡します。
    その他に日本酒、埼玉の銘菓、音楽センターからはCD・・・・一気に雰囲気が和みます。
    疲れてもいるし、明日も長丁場なので早々にお開き。
    ホテルに帰って夜のお楽しみ。マエストロが日本にいるときから「焼き肉、焼き肉」と言っていたので、繰り出したのですが、ホテルの回りには手頃なお店がなく、ビヤホールへ。ジャンキーなつまみもたくさん食べながらソウルの1日目は更けていったのです。

    リンク元  (729)

    感動の4日間 韓国

    9san  2010年8月31日(火曜日) 12:48  
    韓国から全員無事帰国しました。

    いや〜、よかったです。
    いろいろ、いろいろ良かったことはあるのですが、何よりも「平和の木合唱団」のみなさんとすばらしい音楽ができたことが一番でしょう。


    これまでの訪韓音楽交流は、全国からの参加者でいきますので、どうしてもレパートリーやクオリティの点では限界があるのです。(それでも、毎回感動的な演奏をしてきたわけですが・・・・)
    今回は単一の合唱団同士の演奏と言うことで、具体的な演奏曲が決まってからお互い半年間かけて練習を積み上げたどり着いたものですから、格別のものがあります。


    埼玉合唱団にとっても、日本のうたごえにとっても新しいページを開くことができたかなとおもっています。


    詳しい報告はまたあらためて・・・・

    リンク元  (736)

    韓国「併合」100年 訪韓演奏

    9san  2010年8月26日(木曜日) 15:28  
    明日から韓国です。
    埼玉合唱団が韓国のハンギョレ統一文化財団「平和の木合唱団」にジョイントコンサートやりましょうと持ちかけたのが昨年の3.1独立運動の記念の日。
    12月に埼玉から代表が訪韓、2月に韓国から代表が来日、5月の訪韓の際の打ち合わせ、7月には録音関係の打ち合わせ、その間、公演日、演奏曲目、公演会場などが決定するまでメールや電話でのやりとり。紆余曲折をへながら、いよいよです。



    結局、公演日は強制併合100年の日韓共同行動の行事の中に組み込まれ、会場も共同行動の様々な集会が行われる成均館大学の音楽ホールに決まり、毎日のように交流の場面が設けられ、日本と韓国の米をブレンドした「和解のマッコリ」もつくられ、だんだんすごいことになってきました。


    この公演を主管団体として支えてくれる「挺身隊問題協議会」のよびかけで、西大門刑務所跡地に建設される予定の「女性の人権博物館」建設カンパにも多くの方が協力してくれ、60数万円を届けることができそうです。



    埼玉合唱団は、日韓音楽交流最初の訪韓で済州島で行われた4.3記念芸術祭に、団長と女声アンサンブルリヴィエールメンバーが参加したことから始まり、ほとんど毎年訪韓公演に参加しているメンバーがいる一方、初海外旅行、初韓国のメンバーもたくさんいます。
    「せっかく初めて韓国に行くのに『謝罪』の旅になるのはな〜」と不安に思っているメンバーもいるようですが、これまで何度も訪韓しているものとしては、それは杞憂で、未来の平和なアジアをともにつくっていこうとする友人がたくさんできるんだと言うことを確信しています。



    何より楽しみなのは、合同演奏。「赤とんぼアリラン」「イムジンガン」「クナリオミョン」「ナブッコ」「与えてくださいあなたの胸が痛むくらいに」「A little peace」「We shall overcome」「友情の歌」を日本語、ハングル、英語、イタリア語で歌うのです。しかも全曲暗譜で。まだ暗譜はできていなくて四苦八苦していますが、これらの曲がどんな響きで観客に伝わるか、想像するだけでゾクゾクします。



    埼玉合唱団は「和解」のステージを担当。独自の演奏曲は「愛ある街で」「流れる水と岩のうた」「墓標」「耕すものへの祈り」「人間の歌」の5曲。平和と民主主義のために闘ううたを歌うことで未来を共に歩む私たちの「和解」の気持ちを伝えます。



    公演の模様はCDとして発売される予定です。
    ぜひ、聞いてやってください。



    では帰国の報告をお楽しみに。




    リンク元  (746)

    深紅の優勝旗27度線を越える

    9san  2010年8月24日(火曜日) 12:13  
    沖縄興南強かったですね〜。
    チャンスの集中打は目を見張るものがありました。
    復帰前、沖縄から初出場の首里高校が甲子園の土を持って帰れなかったときから幾星霜、ん?沖縄には霜はふらんか・・・よかったよかった。

    といえるのも、北海道のチームが優勝するまで長かったけど、優勝しちゃった余裕ですかね。


    いろいろスポーツがありますが、夏の甲子園はやはり大好きです。


    藍ちゃんまた優勝。アメリカツアーで年間5勝というのも快挙。
    ランキングもトップ。
    やっぱり今年は沖縄の年かな。


    普通甲子園の決勝あたりになると赤とんぼが飛んで秋の気配があるものですが、今年の猛暑はしぶとい。
    きのう、昼食を食べに外に出たとき音楽センターの山田くんが携帯で気温を測ったのです。なんとひなたでは43度!!!
    笑っちゃうしかないですね。



    08/24 16:10 さくら@ゲスト 
    43度ですか!
    昼食に行くのも命がけですね。

    秋に向けて走れるように、
    身体にだけは気をつけてくださいね。
    08/26 11:24 9san 
    今のところ、食欲もあるし、眠れるし(クーラーかけっぱなしですが)、大丈夫そうですが・・・・・
    韓国で英気を養ってきましょう。

    リンク元  (732)

    甲子園

    9san  2010年8月20日(金曜日) 19:35  
    高校野球も大詰め。


    昼飯を食べながら沖縄興南と報徳学園の試合を見ました。
    いい試合でしたね〜。
    興南春夏連覇へ王手。
    相手は成田の中川を打ち砕いた東海大相模。ピッチャーは123。
    明日も見逃せませんな〜。


    興南の島袋も少し疲れが見えていますが、走攻守が鍛えられている興南が総合力では上じゃないかな〜。とくに、ここ一番の打撃の集中力はすごい。点の取り方を知っている感じです。



    そうこうしているうちに夏休みも終わり、一週間後は韓国公演、長崎祭典準備も待ったなし。
    10月まで突っ走るほかありません。



    リンク元  (725)

    妖怪いそがし

    9san  2010年8月18日(水曜日) 14:47  
    夏休みです・・・・があまり休んでいませんな。


    12日の深夜バスで名古屋へ。
    初体験の深夜バス。
    格安の4列。11時20分に新宿を出発。90%は若者。座った席は一番前で、なんと、足を出すスペースが無い!
    横浜で最後の客を乗せ、2時間から2時間半毎に休憩。
    6時半頃名古屋に到着。
    でも、思ってたより疲れもなく、まあ、普段からどこでもいつでも寝られる体質なので・・・


    うちの若者から、「栄にまんが喫茶がありますからそこでシャワー浴びると良いですよ」とアドバイスを受けていたので、これも初体験のまんが喫茶へ。



    狭い部屋ではありますが、パソコンとテレビがあり、飲み物は無料。
    3時間1050円が高いか安いかは考えどころですが、シャワーを浴びて、ニュースとゲゲゲを見て、高校野球を見て、あだち充を読んだりしてなかなか楽しい時間でした。


    名古屋で時間があったらやってみたかったP。惨敗



    喫茶店で読書をしたりしながら夜の三菱女子挺身隊訴訟支援のコンサートへ。
    会場満席のなか、招待された韓国の若者10数人のうたや、東海高校のサムルノリ、イクラちゃんのソロ、そして原田義雄とフリーダムwithかしうのコンサート。
    映像とトークを上手にちりばめながら、とても良いつどいでした。
    文化の力をあらためて確認。
    こんな企画を全国でできたらなー。


    帰りも深夜バス。今度は最後尾の席。足は投げ出せるのでいいのですが、冷房が届かない。前の席は毛布を使わなくてはならないほど冷えているのですが・・・・



    6時前に東京について、一度自宅に戻りシャワーを浴びて一眠り。
    午後からは千葉の美浜文化センターで行われる若潮少年少女合唱団の定期演奏会へ。
    昨年に続いての鑑賞でしたが、小学生から高校生まで一つになって創り上げたステージは今年もすばらしいものに。



    三好晃の合唱曲も良かったのですが、後半のミュージカル「サウンドオブミュージック」はすばらしい。マリアなどの役に若手のミュージシャンをたてながら、今の若者がこのミュージカルを演じる意味も含めて台本をつくったマエストロの意図がビンと伝わりました。
    マリア役の田邊ひかりさんは適役。うたも良いのですが芝居、動きが本当に良く演じていて作品を確かなものにしていました。
    今月末の埼玉合唱団の韓国公演にも一緒に行ってくれるのです。
    そして、また新たなつながりが発見。なんと彼女は音楽センター社長のお嬢さんと同級生・・・・あれあれ、世の中狭いこと・・・・


    金井先生の関わっている合唱団に共通して言えることなのですが、プロがプロとしての仕事をすることの意味を感じさせられます。



    15日は埼玉合唱団の訪韓特別練習。
    お盆の中日、日曜日の午後夜とあって、参加人数を心配していたのですが30人以上が集まりました。気合いが入っています。
    数年ぶりに合唱団の前に立って「指揮」。
    いやー楽しかったっす。
    わたしが、そういうことをやる人とは知らない団員もたくさんいますので、ビックリしたみたいです。



    16日は映画「インセプション」を見ました。他に見たいものが無くての選択でした。
    まあ、設定が設定で、えっと〜今の場面はどの段階?という感じのSF。つまらなくはないのですが、「踊る大捜査線」にした方が良かったかな?
    よなかに、つかこうへいを偲んでテレビで「蒲田行進曲」を見ちゃいました。
    松坂慶子は好きじゃない役者なのですが(ゲゲゲの貸本屋のおかみさんで出てくるたびに白い太い野菜ぶりがハナについて・・・)、この映画の小夏役は良かったですよ。



    寝不足のまま、17日は炎天下の芝刈り。
    午前中はたたき過ぎもあってグロッキー気味。40人以上が参加するコンペなのですが、全員無事ホールアウトできるのかしらという感じの暑さでした。
    場所がよりによって寄居ですから・・・・



    昼飯にステーキを食べ、「無駄な力を入れないで何も考えないで気楽に振れば」という上級者のアドバイスを胸に午後のラウンド。
    すぐに感化されるのが私の良いところ(時には悪いところでもありますが)。
    見違えるようなプレーで見事大波賞ゲット。午前との差が15打ですもん。
    2リットル以上水分を取っていたのですが、体重計に乗ると2垓瓩減っていました。
    汗の量は4リットル以上と言うことか



    そのまま夜の合唱団の練習。あと訪韓まで3回の練習とあって熱がこもります。
    日曜の練習の成果もあったかな・・・・



    そんなわけで今日18日に事務所に出てメールチェック。
    明日は高校野球でもみてゆっくりしようかな。
    夜は練習だし・・・・




    リンク元  (732)

    夏休み

    9san  2010年8月12日(木曜日) 17:49  
    2月の総会から半年が過ぎました。


    なんとめまぐるしい半年間だったでしょう。
    なんと言ってもニューヨークに100人以上を引率していくことがあり、合唱講習会が例年より1回増え、韓国にも行っちゃって、長崎祭典とちば祭典の準備があり、原水爆禁止世界大会も例年とは力の入れ方が違い、埼玉合唱団の韓国公演の準備もしながら・・・・



    忙しいと言うことは、それだけうたごえが求められていると言うことでもあり、うれしいことではありますが、還暦の体は時々悲鳴を上げております。


    明日からは夏期研修期間(はっきり言えば夏休み)。普段が普段だから、夏、冬は1週間の休みが取れるのですが、今晩は新劇人会議のアンポ丼を見て、夜行バスで名古屋に行って、明日は女子挺身隊補償支援のコンサート。帰りもバスで、土曜日はマエストロ金井が20年以上指導する少年少女合唱団若潮のコンサート。15日は午後から夜まで韓国向けの練習・・・・・休みじゃないですね。
    ま、あいた時間は読書と甲子園と映画も一本ぐらいは見たいものだと思うのですが・・・・


    ブログの更新も夏休みにするか、携帯で更新するか・・・気分次第です。



    リンク元  (734)

    長崎

    9san  2010年8月10日(火曜日) 09:24  
    暑い広島・長崎のたびもやっと終わりです。


    世界大会長崎では30人の高校生と一緒に100人を超える「折り鶴」「一本のペンで」の演奏が実現。若々しいうたごえは参加者を勇気づけたと思います。
    秋の祭典がますます楽しみに。


    夜は世界大会事務局の打ち上げに誘われて初めて参加。
    長崎実行委員会の中心メンバーとも顔つなぎができて、良い機会でした。


    その中心メンバーそれぞれがうたごえともつながりを持っている方で、お一人は長崎ぶらぶらの長ラッパ吹き、もうお一人は花の輪の中心メンバーの夫君。「Sさんのご主人ですか〜?」といったら、「いやいや主人は向こうです」と。楽しい人です。


    世界大会議長をやっていただいた方は菅さんというのですが、もう賛同金1万円払ったよと。菅と小澤が固い握手をしました。


    今年も新たな出会いがたくさんあった広島長崎。
    疲れたけれど、エネルギーも一杯もらった気がします。



    リンク元  (743)

    広島4日目

    9san  2010年8月08日(日曜日) 00:58  

    今日は広島FMのインタビューを受けました。
    若いディレクターが、「原爆を許すまじ」が生まれたいきさつ、今はあまり歌われていないことの背景などを番組にしたいと企画提案、実現したもの。
    広島に来る前に電話で「原爆を許すまじ」の作詞者浅田石二さんと連絡が取りたいとの申し入れ。いろいろ手を尽くして連絡が取れ、その間にも電話でいろいろ取材を受けていました。


    今日のインタビューアー笹原綾乃さんは小学校の時に「青い空は」を先生に教えてもらい、これはどういう歌だろうと親にきいたことがあったとのこと。「青い空は」は知っていたが「原爆を許すまじ」は知らなくて、このうたのことを広島で音楽関連の仕事をしている者として知りたいと思ったのだそうです。
    若い人たちのこんな思いにおじさんはこたえなくてはと一生懸命でした。



    そして、午後からは憲法フォークジャンボリーに参加。
    12:00に始まり夜の8時過ぎまで。
    超長丁場でしたが、プロ、アマチュア取り混ぜて憲法をテーマにうたい交わす姿を充分楽しませてもらいました。




    ここでも、DanaとMiyaに加えてギターの道下さんとのコラボは鳥肌物。
    イヤー、すごいです。
    話を聞くとフルートのMiyaさんはフリーダムスタジオで録音したこともあるそうな。
    どこかでつながっているんですね〜



    新たな出会いもたくさんあった広島の日々でした。

    リンク元  (738)

    広島 原爆の日

    9san  2010年8月06日(金曜日) 23:44  
    65年目の8月6日の広島です。


    猛暑の中、国連事務総長やアメリカ大使などが初参加ということで、町がいつもに較べて明るい感じがするのは気のせいだけではないのかな?


    世界大会広島閉会総会の準備で8時過ぎには会場入り。8:15の黙祷も忘れて打ち合わせ。
    音楽企画がいくつもあるので、短時間でのリハーサルも大変。
    道が渋滞で出演者がなかなか到着しないで焦りましたが、無事進行。



    オープニングは広島音楽家ユニオンのブラスアンサンブル。
    「聖者の行進」「イマジン」「青い空は」などの演奏に続いて「原爆を許すまじ」の合唱。格調高いオープニングでした。



    きたがわてっちゃんと「ヒロシマの有る国で」。スピーチばかりの大会の中で、こういう企画が中にあると雰囲気が一変して盛り上がります。




    20分押しでエンディングプルグラム。
    佐々木祐慈の「INORI」、デイナとアンサンブルニンゲン、「ねがい」、「We shall overcome」




    観客席はガラガラになってしまったけれど、ステージ上は大盛り上がり。



    それにしても、こういう素敵な企画が、大会の正規の時間中に組み込まれないのは、毎年のことながら悲しい。

    リンク元  (740)