Hisanaga_logo
こんにちは、うたごえネットワークへようこそ!  
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー








  リンク集登録画面
  トップ記事過去録
 来訪者数('07/02/01〜)
11958912

昨日: 5456
今日: 7951
 検索

高度な検索

9さんのうたごえブログ




  • 日本のうたごえ全国協議会の事務局長小沢久さんこと9さんの日々の活動ブログです。(2009.8.4〜)
  • 2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05
    2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2009 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12

    久しぶりの休日

    9san  2010年5月31日(月曜日) 16:34  
    土日としばらくぶりにお休みをいただきました。
    基本的には4週5休と言うことになっている我が職場ですが、まあ土日はいろいろお仕事が入ります。
    代休もあるのですが、なかなか取れないというか取らないというか・・・・
    まあ、このところハードな日々が続きましたのでちょいと一休み。たくさん眠れることがうれしい。


    土曜日は桶混こと桶川混声合唱団の演奏会。
    マエストロ金井の指揮する市民合唱団です。
    肩の力が抜けたいいコンサート。
    東京物語がサイコーでした。
    リンゴの唄〜東京の花売娘〜星の流れに〜
    東京ブギウギ〜青い山脈〜銀座カンカン娘〜君の名は〜お祭りマンボ 〜ここに幸あり を派手な衣装と、振り付け、カンペもうまく演出した小芝居と楽しませてもらいました。


    埼玉合唱団でうたったうたもたくさんあったのですが、あらためて音楽の力を確認させられました。
    アンコールでうたった「与えて下さいあなたの心が痛むくらいに」「あくび」は秀逸。
    この曲を今取り上げた桶混と金井先生のおもいがビシッと伝わりました。

    「あたえてください・・・」は韓国でも歌いたいなと思ったのです。


    日曜日は韓国公演に向けての学習と特別練習。
    映像を準備してくれたK光さんと音楽センターM社長もみえてエールが。
    元社会科の先生だった吉田さんの講義は朝鮮半島と日本の関係を古代から現代まで凝縮してかたられ、この間日韓音楽交流で学んできたことをさらに補強してもらうものになりました。


    韓国語と英語の曲を中心に練習したのですが、日本語の歌詞もままならないのになどと愚痴を言いながらも真剣です。
    韓国公演が楽しみになってきました。
    サポーターも募集しています。
    ご一緒しませんか?


    8月27日〜30日 3泊4日 10万円
    お問い合わせは埼玉合唱団まで。
    048-883-1634

    リンク元  (741)

    築地で寿司

    9san  2010年5月28日(金曜日) 15:24  
    築地でうたごえ新聞まつりがありました。
    築地市場の移転問題を地元の区議会議員が話してくれると言うこと、第2部は寿司やでと言うことに惹かれて、別の会議の会場を築地に移して参加しました。


    バックの表示も凝ったもので雰囲気あるでしょう。クマはよくやります。


    熱く語った区議は男声コーラスヤローズのメンバーでもある志村たかよしさん。もともと築地市場で働いていて、中央合唱団にも所属していた経歴の持ち主。
    市場というのは文化(食文化でもあり街文化でもある)の問題。たんに経済効率(これだっていい加減)だけで、移転を簡単に、しかも移転の予定地は汚染物が一杯というのは認められないと、意気のいい話でおもしろかったです。


    編集長は早く第2部に行きたいのか、一言ご挨拶程度で終わらせようとして笑いを取っていましたが、NY取材の裏話などこれもさすがです。


    そして第2部は寿司三昧のお座敷。
    最初に出てきた盛り合わせは少し時間もたっていたのかいまいちでしたが、追加で注文したものはさすがにうまかった。炙りトロくっちゃいました。
    いつか、たくさん時間を取って築地見学と食べ歩きなどをしたいですね。

    リンク元  (734)

    ごぶさた

    9san  2010年5月28日(金曜日) 15:07  
    いやー、ブログの更新もままならないで1週間以上たってしまいました。
    書きたいことはたくさんあるけど時間がない・・・・・


    まずは、22日、23日中日本合唱講習会。
    名古屋での全国講習会は久しぶり。
    今年は東が山形、西が福岡でしたので、中日本も開催と言うことになりました。
    名古屋は全国からのアクセスも良く、会場も愛知県芸術文化センターという名古屋市の繁華街にある良い会場で、北陸方面からの参加者もたくさんあり、100人を超えました。


    長崎祭典の合同曲を中心に、愛知ゆかりの林学さんの「ふくろうの歌」、藤村記一郎編曲の「ハノイの恋人」などもあり、また、浜島康弘さんのお話もとてもよくって充実した講習会になりました。
    くしくも23日は学さんの一周忌。
    あらためて学さんの生き方と作品に触れられてよかったです。


    NY帰りの参加者も10数人いて、全員に一言話してもらう時間も取ったのですが、いやいや、たいしたもんです。
    短い時間に良くまとめて自分の言葉で伝えてくれました。
    やっぱり、NYでの日々が確信となって確実に身についていることを感じましたよ。


    沖縄の普天間包囲行動に参加した参加者も報告。
    うたごえがあちこちで頑張っていることを共有できた時間でもありました。


    帰りは少し時間があったので、ちょこっとPで気分転換。
    そういえば学さんもPが好きだったな~。
    名古屋はPメーカーがたくさんあるところでいつかやりたいなと思っていたのですが・・・・結果は惨敗。あかんですな〜
    駅の食堂でひつまぶしなどをくらってかえりました。
    これも「ひまつぶし?」とよみちがえたことがあったっけ・・・

    リンク元  (733)

    今年も熱い韓国

    9san  2010年5月19日(水曜日) 22:08  
    韓国から帰ってきました。


    31人のうたごえ代表団。
    仁川と光州の旅です。


    仁川はここ数年平和の風合唱団との交歓がつづいていて、仁川市民文化芸術センターが主催するフェスティバルに参加。
    5回目を数えるフェスティバルですが、今回初めて「平和コンサート」をプログラミング。
    昼間はいろいろなバンドの演奏が続いていましたが、夜のプログラムは子どもたちのヨーデル合唱団、女声合唱団、ギタークラブなどが次々と演奏。
    そしてうたごえ合唱団は「俺たちのシルクロード」と、原田義雄とフリーダム、山上一座と12分の持ち時間を有効に使っての演奏。
    平和の風合唱団とうたごえ合唱団合同の「人間の歌」、韓国の合唱団合同で「乾杯の歌」、そして、50人のギタークラブの伴奏と100人の合唱の合同で「朝露」。これってうたごえ祭典ジャン。


    毎年日本のうたごえ祭典に参加して、学んだことを自分たちの運動に活かし広がっていることがうれしい。


    16日は東学農民革命展示館に寄って、韓国の民衆運動の原点を学び、光州へ移動。
    光州事件の犠牲者が葬られている第3墓地へ。
    きれいに整備された祈念墓地とは別にその墓地には入れてもらえない人、入ることを拒否している人たちの墓地があるのです。
    30周年と言うこともあり、夜中にコンサートをやるとのことでその準備が行われていてのですが、みんな手を止めて私たちの献奏を聞いてくれました。


    17日はいよいよ光州芸術祭。
    元道庁前には大きなステージがつくられ、今年はメインステージでメインプログラムで歌えることになっています・・・・・ところが、朝は晴れていたそらがだんだん怪しくなり、夕方には本降りになりました。
    光州に行くと一日は雨にあたり、これは犠牲者の涙だねと言っていたのですが、芸術祭本番に雨というのは、何回か参加してきた中で初めて。


    ところが、「雨が怖いか〜」の司会者の問いかけに「こわくな〜い」のこたえ、「後ろの人が見えないから傘をたたんでみんなで濡れて見よう」のよびかけに聴衆はこたえるんですよ。


    雨のためリハーサルの進行もままならず1時間遅れで始まったステージは最初から熱いもの。転換の時間には道庁横の白いビルをスクリーンに見立て、映画「華麗なる休日」の映像なども流れるのです。


    うたごえと、労音の合同のステージで「俺たちのシルクロード」と「朝露」。
    「朝露」になると、観客みんなが歌い出し、手を振り大盛り上がり。
    この2曲に凝縮されたステージは大感動。
    何回来ても薄まることはないです。


    その後、高台にある公園のレストハウスで、金元中さんたちが用意してくれた大交流会。
    まあ、日韓入り乱れて歌い交わして夜は更けて行きました。



    NYから韓国と還暦の体にはちょっと酷ではありましたが、8月の埼玉合唱団の公演はもちろん、仁川市民文化芸術センター代表がいっていた世界平和音楽祭の夢もふくらむ韓国行きでした。


    05/20 07:32 0153@ゲスト 
    大変お世話になりました。団長さん、事務局の方々、音楽監督さんたちは、準備から終了までご苦労だった事と思います。そのお陰で参加者達は楽しんだり、勉強にもなったりと、とても有意義な4っ日間を過ごす事ができました。ありがとうございました。(^^)
    昨夜(19日朝帰国しその夜)、「光の種子まく合唱団」の練習があり、そこで、3人で報告をしましたら、参加出来なかった人達にも感動が伝わったようでした。本当に行って良かった!!
    足の痛む私は、たいへん皆さんにご迷惑をおかけしましたが、皆さんの優しさあふれるお心遣いにも感謝しております。重ね重ねありがとうございました。また、参加したいと思います。

    リンク元  (1293)

    韓国

    9san  2010年5月12日(水曜日) 18:51  
    15日からは韓国ツアー。

    今年の韓国は併合100年のみならず、“解放戦争”60周年、“四月革命”50周年、“光州民主化闘争”30周年と節目のかさなっています。


    うたごえは韓国との民衆の音楽交流を12年間続けています。特に5.18光州芸術祭には毎年代表団を派遣してきました。
    その中で仁川市民文化芸術センター“平和の風合唱団”との交流、ハンギョレ統一文化財団“平和の木”合唱団との交流へと広がってきました。


    今年も5月15日から18日まで31人の代表団が韓国へ行きます。
    仁川での市民フェスティバルでの演奏、光州芸術祭のメインステージでの演奏が決まっています。
    仁川のフェスティバルには平和の木合唱団も参加するとのこと。
    うたごえが結んだ点が線となり面となっていくことを感じます。


    さらに8月には埼玉合唱団と平和の木合唱団のジョイントコンサートが「日韓併合」100年の記念日の前夜祭企画として行われることも決まりました。
    「記憶・和解・同行」をテーマに、「記憶」の部分を平和の木合唱団が、「和解」の部分を埼玉合唱団が担当し、「同行」を合同合唱団でと言う企画です。
    NHKでも朝鮮半島と日本の歴史を特集するなど注目のことし、韓国と日本の市民合唱団がこんな意味を持ったコンサートを開催するなんてマスコミも注目するでしょう。してくれるかな?してほしいな?・・・させましょう・・・・


    「赤とんぼ〜アリラン」を一緒に歌えるシーンを想像して、今から楽しみです。



    05/13 06:36 0153@ゲスト 
    韓国ツアー、いよいよ明後日ですね。楽しみです(^^)。
    よろしくお願いします。
    松代の「光の種子まく合唱団」は、今、信濃のうたごえ祭典に向けて、渡辺享則さん指導のもと「赤とんぼ〜アリラン」を練習中です。埼玉合唱団のツアーにも同行したいな!!
    05/13 18:30 9san 
    0153さん(あ、れいこさんね)まいどです。
    8月は一緒に行きましょう。いくんでしょう?
    赤とんぼ~アリランは全国で歌われ始めています。
    えー楽譜のコピーはやめましょう。
    吉田桂子編曲集を買ってね。

    リンク元  (743)

    いきものがかり

    9san  2010年5月10日(月曜日) 16:28  
    NHKの朝ドラでテーマ曲歌っているいきものがかり。
    全国コンサートが大人気というのをNHKでやっていました。


    わたしゃ、それまでずっと「いきものがたり」だと思っていたんですよね。
    何か自然派で、生き物について語ってるのかなと。


    給食係とかの係なんですね。学校でウサギの面倒見るようなのが「いきものがかり」。
    同級生でその係をやっていたんですなきっと。
    早く気づいて良かった。


    もうひとつヒットの話。

    クミコがうたっている「いのり〜INORI」がヒットチャート1位になったとか。
    この曲を作った佐々木祐慈さん(折り鶴の少女佐々木禎子さんの甥御さん)とはGOD BREATHと言うバンド時代から縁があって、広島での世界大会に出演してもらったりしていたのです。


    先日電話したところ、「今NYです」と。私たちと同じ時期NYに行ってうたっていたのです。
    久しぶりのご挨拶と、今年の広島で何かやれたらと相談しました。可能性はあるかも。

    リンク元  (727)

    リバーサイドチャーチ

    9san  2010年5月08日(土曜日) 19:25  
    5月3日

    いよいよ、リバーサイドチャーチで反核・平和コンサートの日。

    早々と通訳兼スタッフのAKIくんと教会へ。AKIくんはすぐに担当者の女性と打ち解けて、とんとんと話が進みます。


    事前の打ち合わせでは張り紙等は一切禁止と言うことだったようですが、もっていった横断幕を広げて、「どこかに飾れるところないですかね〜」と相談すると(もちろんAKIくんが英語で)、じゃあここにしましょうと正面の目立つところにはらせてもらえたところから、音響や舞台のスタッフともすぐに通じ合ってこちらのリクエストに全部応えてもらいました。


    AKIくん何者?という感じです。
    あの埼玉の自由の森学園を卒業して、今はNYで韓国人の友人とイベント会社を立ち上げ仕事をしているとのこと。正真正銘のプロじゃん!!
    おかげで私はお任せでいけちゃいました。


    それにしても教会の本堂(すみません教会でも本堂って言うのでしょうか?)に入ったとき、その、荘厳さに鳥肌が立ちました。
    ここで歌わせてもらえるなら客なんかいなくてもいいという感じです。



    てっちゃん、のぶよちゃん、レイバーコーラスも次々と到着、リハーサル中に参加者もぞろぞろ入ってきます。
    リハーサルの最後は合同のWe shall overcome このときには客席は半分以上埋まっていました。まるで、開幕の予鈴のようなリハーサルです。


    うたごえ合唱団の白を基調にしたTシャツとレイバーコーラスの赤のポロシャツのコントラストが素敵です。


    いやいや、ホントに実現しちゃいました。
    演奏も、練習の時とは別人のような出来で万歳です。


    そのあとはレイバーコーラスとの交流。
    会場は今回いろいろお世話になっている労働組合SEIUの行動に、軽食を運び込んでの交流会。いやー食事付きにして良かった。レイバーコーラスのみなさんの食べること食べること。あの食欲でこの体有りていう感じですね。


    交流会はうたごえとレイバーコーラスが交互に演奏をしながらプレゼント交換など・・・・
    気になったのが日本人は日本人だけの固まりになりがちなこと。
    せっかく通訳も沢山いるのだし、もっと積極的に話しかければいいのにと。
    「プレゼントはどうやって渡すのですか?」と聴いてくる人も・・・・まあ、何かセレモニー的にやるのかと思っていたのだろうけど、とにかく言われなくては動けない日本人という感じがして悲しかったです。


    あのNYの若者たちを見習えと言いたい!



    4日は朝から飛行場に向かいまた出国手続き荷物検査の行列です。
    一番前に並んだつもりが、どんどん隣の列に抜かれていく・・・・今回の旅行は行列負けで始まり行列負けで終わりました。
    成田の入国は閑散としていて、これで連休の最後の日なのという感じで拍子抜け。


    いろいろ小さな出来事はあったものの全員無事に帰国できたことは主催者としては何よりです。

    リンク元  (744)

    アメリカだ!

    9san  2010年5月08日(土曜日) 11:54  
    5月2日はNY国際行動デー
    タイムズスクエアでは前夜に爆弾騒ぎがあって周りが封鎖され、ミュージカルに来た人が入れなかったり、飛行機で到着したバスがホテルに着けられなかったり相当混乱があったようですが、この日の行動は予定通り。

    デモ行進の到着地点では「フェスティバル」が予定されていて、太鼓と歌をやって欲しいと言うことでした。
    11時にはサウンドチェック、リハーサルをやるのでそれまでに来て欲しいとの話。
    以前は12時からリハと聞いていて、日本を発つ直前に11:30からと聞き、NYに行くと11時になっていました。
    ま、そういうこともあると思ってはいましたが・・・・


    予定していた午前中の街頭行動をやめて、ホテルからタクシーに分乗して(何せ100人が移動するのですから大変です)会場の国連ビル近くのハマショルド広場へ・・・・・
    11時 広場には担当の女性がいるだけで、ステージも音響機材も影も形もありません。
    今日は平場でやるのかな?ま、それも有りかと思って聞いたら、慌てないで大丈夫だから。ハハン、これで今日のイベントのだいたいのことは予想できました。


    しばらくたって来ましたよステージが。トラックで運ばれてきたのは平台に足が着いたスチール製の台。ぺぺぺと置いて、ボルトでジョイントして一丁あがり。間口4800、奥行き3600、高さ450くらいのステージです。
    さて、その女性曰く、太鼓は下で、歌は上で・・・・
    あのね、太鼓を下でやっても前列の人しか見えないでしょ。
    歌い手100人どうやってこの台に上がれるの?
    まあ、何とか15分のプログラムを転換も含めてやれるようにはしたものの・・・・


    そんなこんなしている間100人の合唱隊はぶらぶらしているのももったいないから練習兼ねて公園で歌っていたら「他の団体は練習していないのだからあなたたちもやめなさい」・・・おいおい、11時にリハやるからと言われてきているのだよ、まったく。


    そして、3分でリハやってと・・・・ま、並び作って終わりましたが・・・・
    日本でならとっくに切れてしまいそうなことでしたがここはアメリカとおもっていささかあきらめの心境。


    指揮者と伴奏者と歩くのはきつい数名を除いて、パレード出発場所のタイムズスクエアに本隊は移動。
    ここでも、炎天下2時間の出発集会。満員電車のような状況で立ちっぱなしで延々と演説が続いたようです。
    前夜の爆発事件もあって警備は厳重で、集会の周りにはバリケードがあり、トイレに行くのも水を買いに行くのもダメとか・・・・ここはアメリカ・・・・


    それでもパレードが始まったら元気に歌い始め、沿道の反応も上々で気持ちよく歩いてきたそうです。


    さあ、公園に戻ってフェスティバルの開会です・・・・・3時に始めるから、あなたたちは4時半ぐらいの出演です・・・・・
    3時・・・始まりません。
    4時開始にしたからあなたたちは5時にはスタンバイして下さい・・・
    4時・・・始まりません
    聞くところによるとアメリカのバンドたちは人が集まらないと始めないとのこと・・・
    ここはアメリカ


    4時15分やっと最初のバンドの演奏が始まります。
    あなたたちは5時半にスタンバイしていて・・・・はいはい、いつでも大丈夫ですよ
    でも、予定は5時半終了だったので、夜のオプショナルに申し込んでいる人もたくさん。
    それはそれで予定通りやることに。


    5時50分やっと出番が来ました。・・・が、太鼓を終わってあと5分で終えろとおっしゃいます。はいはい、ワンコーラスカット。


    焦るはずです、この公園は6:30までしか音を出せないとのこと。でっかい図体のおまわりさんが音響装置のところに立っています。時間が来れば電源切るのだそうです。



    でもね、それなら最初から決まった時間に始めればいいでしょ


    2日は私にとってバッドデイでした。







    リンク元  (727)

    帰って来ちゃった

    9san  2010年5月06日(木曜日) 17:43  
    NYでも毎日ブログの更新をしたかったのだけど、くまの作るニュースを送るのが精一杯で、更新できませんでした。


    なんせ興奮の4days。5日間の滞在中ベッドに入って寝たのはのべ12,3時間かな?


    30日は、バスで市内観光。ほとんどは車窓からの観光なので、「ほらここが」と言われても上の方は見えず・・・。


    オープンカーの観光バスが走っています。大型バスの屋根のないもの。
    なるほどですよね。
    雨が降ったら悲惨だろうけど。


    グラウンドゼロの近くの公園で自由の女神像を背景に「ねがい」を歌いました。
    新江さんと一緒に来たかった。北海道のOさんは、しっかり新江さんの写真を首に提げて一緒に来ていました。



    ここの公園の芝生には至る所に糞状のものがおちています。
    何の糞か?・・・・よく見ると違いました。芝生に空気を通すための穴を空けた残りかすでした。安心。


    昼は中華街でしっかり昼食。とにかく量が多い。


    練習のあとはフリータームの1日目。
    わたしゃヤンキースタジアムでしたが、それぞれミュージカルや夜の市内観光を堪能したよう。
    公式の日程が結構入っているので、フリータイムは限られているのですが、参加者みんなうまくこなしていたようです。
    中にはミネアポリス美術館を50分で見てきたとかというのもありますが・・・・
    そりゃ建物をみてきたんでないかい?と突っ込みたくなります・・・・


    あとできいたらオプショナルに申し込んだ延べ人数は250人とか。へっ!100人の代表団ですよ。一人で3回も行った人がいると言うことだ・・・・・全く元気すぎ。



    1日はいよいよ街頭行動。
    下見をしていたセントラルパークの像のところを早く押さえようと太鼓のチームが先乗りして演奏し始めると、おまわりさんがきて音楽だけならいいけど署名とかはNO GOODとのこと。あそこならいいよと教えてくれるのがうれしい。


    ちょいと場所を移動し・・・・え〜NYに行ったことのある人はわかるかもしれませんが、コロンバスサークルの地下鉄出口で地球儀のモニュメントのあるところ・・・・ここも結構人通りが多い。ここでなんと先乗り太鼓チームから数えると4時間。メインのメンバーが到着してからでも3時間ノンストップのパフォーマンス。


    和太鼓あり、花笠音頭あり、アコーディオン4台、トランペット2挺、バイオリン、ウクレレ、ギターは4,5本、キーボード、ピアニカでなんでも来いの豪華布陣。
    派手な横断幕3枚に幟旗10本、ま、その交差点を占拠した感じ。
    青春メドレーも踊り狂ったりでニューヨーカーに大アピールです。



    もちろん署名もバンバン集めてなんとなんと1100筆を越えるニューヨーカー(だけではないですが)のサインが集まりました。足を止めて書いてくれた人が1000人以上いるわけですから、そこを通って私たちのパフォーマンスを見た人は数万人でしょう。
    その署名の書き方も、しっかり文章を読みながら「yes、yes,yes」と言って書いてくれるのです。



    2日はまたまた「アメリカ」をしっかり味わいました。
    これはまたの機会に。




    05/07 10:04 切K@市原@ゲスト 
    9さん
    お疲れ様でした。
    ニューヨークの町の様子や、現地行動がエピソード交じりでよかったです。続きが早く読みたいです。

    市原でもNPTに連帯した企画をやりました。
    街頭宣伝の動画(原水協のyou tube)をみたり、色々ろやりました。(詳しくはポラーノの広場を見てください)
    05/07 19:08 0153@ゲスト 
    おかえりなさい!!おつかれさまでした。
    写真入りのニュースで、様子がよくわかりました。
    核廃絶がもっともっと進むといいですね!

    リンク元  (745)