Hisanaga_logo
こんにちは、うたごえネットワークへようこそ!  
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 メインメニュー








  リンク集登録画面
  トップ記事過去録
 来訪者数('07/02/01〜)
11381112

昨日: 7648
今日: 7093
 検索

高度な検索

9さんのうたごえブログ




  • 日本のうたごえ全国協議会の事務局長小沢久さんこと9さんの日々の活動ブログです。(2009.8.4〜)
  • 2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05
    2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
    2009 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12

    OB会

    9san  2010年3月29日(月曜日) 20:24  
    学生時代のうたごえサークル、正式名称は北海道大学民謡研究会合唱団わだちと言う長い名前。民研わだちのOB会「たんぽぽ」のあつまりに参加しました。


    池尻大橋のまんまるの木というカフェ(後輩の奥さんが経営していて、とても良い雰囲気ですよ)に20数人。旧交を温めました。


    昨年、先輩と,後輩が相次いで亡くなり、彼等を偲ぶ意味も込めての集まりでした。


    先輩はサークルの会長(この呼び方も「合唱団」だから「団長」だろうという派と、民謡研究会だから「会長」だという派がまじめに論争したのを覚えています。「俺は民謡研究会だから入ったので、合唱団ならやめる」という先輩がいて、どっちでもいい派はどっちでもよくて「会長」に落ち着いた、たしか?)もやった人で、大企業に就職後も、まっとうな生き方を貫いた人でした。


    後輩は歯医者。その世界では有名な人ですので地名も書けませんが、サークルで学んだ運営のノウハウを活かしているんだと元気に話していたのを思い出します。


    密度の濃い青春時代を共に過ごしたなかまは、かけがえのないものです。
    今の自分があるのは間違いなく民研わだちのなかまがいたからなのです。
    ニューヨークへ行くためのカンパもたくさんいただきました。


    立命若者や同志社むぎもOB会が活発で、全国合唱発表会にも出場しています。
    以前、元学生のうたごえのホームページが立ち上がったけど、その後どうなっているのだろう?え〜ちゃん?

    リンク元  (761)

    プロ野球開幕

    9san  2010年3月26日(金曜日) 18:42  
    今日からセリーグもはじまりますね〜


    パリーグの第1節は昨年の上位チームを下位チームが食う感じでなかなか面白かったです。
    ダンゴ状態でしばらく進みそうですね。


    セリーグはほとんどの評論家がジャイアンツの優勝予想。
    絶対的なピッチャーがいないけれど、打線と層の厚さ、総合力ではそうなるでしょうね。
    ただし、ナベツネが「勝つのが使命」みたいなことを言うモンだから、あんがいころっといくかも。


    いましたね〜。甲子園にも。「21世紀枠のチームに負けて、腹を切りたい」などといって、首を切られた先生が・・・クビっていても監督やめさせられただけですけどね。
    島根のイメージをダウンさせたから責任を取るとかいってますが、どこまでおごり高ぶっているのでしょう。
    反面教師としてしか存在意義が無いような気がします。


    バレーボールも決勝戦。
    フジテレビはきらいです。
    スポーツをバラエティー番組にするんじゃないよ。
    せっかくのいい試合を台無しにしていることに気づかないのかね。


    僚くん、藍ちゃんのゴルフも目が離せないし。
    深夜のチャンネルを変えすぎてテレビのリモコンが変になりました。


    リンク元  (727)

    NYCLC

    9san  2010年3月24日(水曜日) 20:40  
    The New York City Labor Chorus

    その名の通りニューヨークの労働者合唱団。http://www.nyclc.org/
    ピートシガーもその設立に加わったという合唱団で、NPT再検討会議のニューヨークで交流ができないかと連絡を取っていたのですが、やっと返事が来ました。
    OKとのこと。やったー!


    5月3日リバーサイドチャーチで一緒に歌えることに。


    ただ、その会場との交渉が順調には進んでいないようでやきもきしています。


    外国でのイベントにつきものではあるのですが、一分単位でスケジュールを組んで動く日本人にはなかなか・・・・
    郷にいれば郷に従えと割り切っていればいいのですが、そこでの演奏を目標に100人以上の代表が練習も積み重ねていることを思うとね〜


    そんなこんなもありながらニューヨーク行きが近づいてきます。
    わくわく・・・どきどき・・・ひやひや


    リンク元  (734)

    木が一本あれば

    9san  2010年3月22日(月曜日) 15:02  
    忠やんFamily & Friends こんさ〜と、最前列かぶりつきで聞いてきました。


    音楽一家の忠やんファミリーと一緒にうたう「野に咲く花のようにから」会場は暖かい一体感に包まれ、幸せな気持ちに浸りました。


    飾らず、力まず、まずは全てを受け入れて・・・そうしてつながってきた家族と仲間たちの手作りコンサート。


    17:00に始まって20:30近くまで・・・でも本当に肩の凝らないほっこりとした時間を過ごさせてもらいました。


    次女伸子さんの仲間のクラリネットアンサンブル、末っ子長男朗生くん一家の花笠音頭、孫娘彩音ちゃんがすばらしい・・・・
    幹子さん、忠やんのうたに笠木透と雑花塾、京都ひまわり合唱団、合唱団ポケット・・・いや〜ほんとになんか育て育てられしてきた一本の木たちが森になってざわめいているそんなコンサートでした。


    最後の山ノ木竹志作詞、忠やん作曲の「友とあれば」でウルッと・・・


    「古木」はますます元気です。
    自分の10年後は想像できないのですが、これがいいと思って生きていき、気がついたら10年たっていたというのが理想のような気がします。

    リンク元  (1296)

    還暦!!!

    9san  2010年3月17日(水曜日) 12:47  
    今日は9さん生誕60周年!


    ヒデキ カンゲキ  9さんカンレキ!


    初心に還って生き直しますか。


    どこの「初心」に還るかが問題ですね。
    新江さんのように「清く 貧しく 美しい」生き方はしてこなかったものですから・・・
    都合のいいところの「初心」に還らせてもらいます。


    尊敬する忠やんは、還暦の時に、「うたごえで育ててもらったので、これからはそれをみんなに還すんだ」といって、その通りのことをやってきました。そして昨年コキッ!
    21日は忠やんのfamiry&frendsコンサート。
    楽しみです。

    03/17 23:16 utagoe 
    60歳ですか。
    おめでとうございます。

    で、なにかパーティーあるの?
    招待してね。
    03/18 07:23 0153@ゲスト 
    お誕生日おめでとう(^^)
    還暦、まだまだ若いよ!
    古希の私もがんばってるんだから・・・。
    無理はしないでがんばろうね。無理はしちゃダメだよ。
    03/19 22:38 かしう。@ゲスト 
    お誕生日&還暦、おめでとうございます。
    初めてお会いした時、9さんまだ40代だったんですよね…。
    感慨深いです。

    うちの母も、来月古希を迎えます。

    リンク元  (724)

    長崎は今日もあつかった

    9san  2010年3月16日(火曜日) 18:30  
    12日から長崎入り。
    18:00過ぎに空港につき、バスで市内。チェックインもそこそこに19:00からの祭典企画会議に長野のナベちゃんと一緒にちょっと遅れて到着。


    気温が20度近くまであがり、あつい長崎であつい4日間の始まりです。


    長崎メンバーと全国メンバーの長崎祭典企画会議が23時過ぎまで。
    長崎のメンバーは本当にタフです。
    音楽会と大音楽会の企画がほぼ出そろいました。


    夕飯も食っていなかったので、他のメンバーと一緒に思案橋で懇談。
    健全な大人はまっすぐホテルに帰って次の日に供えましたが、その後、はしごをして4時にホテルに帰ったという人も。こちらも負けずに元気です。


    13日は8:30から全国常任委員会。祭典時の会議以外で東京を離れてやるのは珍しい。
    いつもは2日間かけてじっくり議論をするのですが、今回は15:00終了が必須。
    さくさくと進行して、何とか時間前に終了。
    それからフェリーで伊王島にわたり17:00からうたごえ新聞まつり。
    全国と、九州、長崎から80人を超える参加者。


    オペラ歌手星野恵利さんのうたに、三輪編集長の良い記事の書き方講座、そして、高校生一万人署名を取り組んでいる高校生の話。いやー、高校生平和大使の話にはもうみんな大感激。取り組み自体もすばらしいのですがそのスピーチが本当に良く伝わる。
    ちょうど前の日にNHKの朝のニュース枠でこの高校生の取り組みが紹介されたばかり。


    第2部はレストランに会場を移動、長崎のおいしい料理を食べながら、抱腹絶倒の「白波三人男」、じゃんけん大会、おおいに楽しみました。


    次の日は、コース別の市内見学。
    わたしは、祭典会場、合唱発表会会場、宿泊会場の下見も兼ねて別行動。


    夜は事務局研修合宿という触れ込みで夜景のきれいな梅松鶴で卓袱料理を堪能して、恒例のUNO大会。会長賞がかかっているので結構真剣。
    ここでは、かけない裏話があるけどかけないから書きません。


    いやー、ハードだけれど久ぶりに発散というかんじで、このところ不調だった体調もなんとか回復できたよう。


    さて、今日からは講習会とNYにシフトチェンジして、また走ろう!


    リンク元  (739)

    山ノ木竹志「今歌わずにいられない」CDブック

    9san  2010年3月11日(木曜日) 21:44  
    あの新江さんのコンサートのCDブックの制作が急ピッチで行われています。
    昨日今日と高田龍治、山本忠やんが音楽センターのスタジオで音の制作。
    休憩で事務所に顔を出すたびに「いいで〜」といっています。
    仕事が忙しくてスタジオにはいけずじまいでしたができあがりが楽しみ。


    ブックのほうも、一曲一曲によせた新江さんの言葉がホントにすばらしいと忠やん。
    うたごえにとってものすごい財産をのこしていってくれたんだなーと。


    りゅうちゃんは、ただでさえ超多忙だったのが新江さんがやっていた仕事の多くを引き継いで、ほんとにがんばっています。
    頼りにしていた相談相手をうしなってつらいこともあると思うのですが・・・・・
    ことしは、りゅうちゃんと、ニューヨーク、韓国、原水禁世界大会、祭典と一緒にやる仕事がたくさん。よく話します。
    新江さんのようにはできないだろうけど、少しは支えになったあげられればなとおもっています。(こっちが支えてもらう方が多いかもね)
    昨日はりゅうちゃんの誕生日でした。この一週間は一歳ちがいだな。
    明日から長崎でも一緒です。


    パソコン持って行かないからブログもしばらくお休みです。

    リンク元  (728)

    妻?女房?かみさん?

    9san  2010年3月10日(水曜日) 20:43  
    連れ合いが旅立ちました。


    なんて書くとどきっとしますね。


    学童保育の指導員を長年やってきた連れ合いがこの三月で定年退職。
    有給休暇を消化しなくてはならないから、ちょっと出かけてくるからとはきいていたのですが、昨日、「ところでどこ行くの?」と聞いたら「イタリア」・・・・


    イタリア好きでもう6回目?
    サッカーや博物館、空気が好きなようで・・・・
    いつの間にか段ボールで梱包された平べったいものが大きいのやら小さいのやら部屋にあったりします。考えてみると額縁ですねあれは。
    一体どのくらいするのでしょう?聞かぬがハナ。
    というより、今の家では飾るところなどないのですから、どうするつもりなのでしょうね?
    あ、デジカメ買っていたのもそのためか。


    学童の指導員とうたごえの専従では収入もしれていますが、なんかやりくり上手のひとです。
    明後日からはこっちも長崎出張ですので、ちょうど良かった。





    リンク元  (734)

    いろいろ

    9san  2010年3月09日(火曜日) 11:33  
    書きたいことがたくさんあるときは時間がない・・・・・

    6日は韓国の民族芸術団クウンドゥルを見ました。
    30数人が共同生活をしながら、公演活動と講習会で生計を立てているそうです。


    民族的な文化芸術グループが存続できない状況が増えている中で、このグループは元気で頑張っています。
    金元中さんらとも親しく、仁川の市民芸術文化センターとも交流できているとのこと。
    共通の知り合いがたくさんいます。


    公演も確かな技術に裏付けされた見事な演舞、そして、民族の悲願「統一」をテーマにしたマダン劇。日本公演のために日本語の猛特訓をしてきたそうで、ストーリーもよくわかり、笑いと風刺、観客を取り込んだスタイル、いや〜見事なものでした。


    7日は高校のクラス会の打ち合わせを大宮で。北海道標茶高校の普通科2クラスで5年くらいの間隔でクラス会をやっているのですが、だいたい半数の40人は集まります。
    高校3年間の密度の濃い時間を共有した同級生というのはいいですよ〜。
    この日も首都圏在住の8人が集まり、旧交を温めながら、いつもは北海道で開いていたものを、還暦も過ぎたのだから、たまには東京近辺で開きなさいとの命をうけての相談会。


    それでも、健康と年金がどうしても話題の中心。


    北海道の連中が、やるなら10月がいいということで、こっちは祭典があるので前半はダメ。10月23日24日に落ち着きました。
    さて、どこでやるか?
    羽田まではこれても、電車や地下鉄での移動はようやらんだろうということで、羽田からバスに拉致して会場まで運べばいいのだから、どこでもいいね。
    それならば、南房総たてやま夕日海岸ホテルは、関東交流会や創作合宿で使っていて様子もわかるし便宜も図ってくれるな〜。有力な候補地です。


    いつにもまして忙しい毎日なのに、こんな事も背負い込んでどうなるんだろう今年は?
    でも、クラス会は楽しみなので、気分転換にもいいかな?

    リンク元  (6645)